忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

7/6:【雨天だからこそリビルト・カスタムGO!】の巻

2019/07/06(Sat)01:47



この梅雨のおり皆様MTB同志方々も「山で乗れないジレンマ」があることでしょう。そんな当方もストレス解消のためにも旧主力機種Jamis Dakar Xamのリメイクを施行して候。或る日のことフレーム全体のプロテクト・フィルムを剥ぎ取ると新車の輝きが蘇り「あぁ大事にしてよかったぁ」と感心。今回は時間がなかったのでプロテクトフィルムでカバーしてないが、MTBでもやってる人は意外といる。→[Van Girl Yuka:夢のニューバイク組み立ててみた!]高級車の世界では究極のラッピングに驚かされるもの。→[Porsche 911 GT3 - Paint Protection Film]手間をかけてもやる価値は10年後に当方も成就した。



今般フルサスモデルは直押しリアサス主流で無個性に感じるのである。バブル期の機種は各社個性が強く遠目でもモデル識別ができた。猛牛的インパクトのキャノンデール・レイブンとか裏原(原宿裏通りの服屋・美容院)とかに転がってた。全く山に行かないのに大見栄の時代だったのだ。話逸れたが弊Jamis Dakarもチューブが太めでリンケージも頑丈なので重めの14kg台だが、檄降下でも安定性と乗り心地が歴代最適でギャップ超えのコツコツとした挙動が心地よいのである。そして前後ホイル周りを眺め「もしや?」と650bホイルを当てがったら無改造で着けることができた。11年旧機種にしてはゆとりのジオメトリに驚く。







さてどの様に愛機をリメイクしようか思考するに潔くスマートな「Baum Cycles」機種にカラーリングシェイプを学ぶ。今ではロードモデルしか製造していないが、そのスタイルは尊敬するデザイニングNo.1である。まあハードテール主流だったのでまとめ易いとも感じる。フルサスでの方がカラーパーツの配置バランスが難しいと思う。CG上試作でも凝りすぎると途端に安っぽく下品になりイメージ破綻する。MTBは真横から眺めるより見下ろすポジションが多くカラー配置工夫も必要である。


▲Jamis Dakar Xamドノーマル







今春に友人のRocky Mountain Altitude30そして8年前にも弊Altitude70もリメイクもしたのだが、貼り込みシートデザインに関しては大らかに考えすぎず計算ずくでない方が潔くまとまる様な気がする。失敗しても剥ぎ取ってリトライし易いのが、カッティングシート・ラッピングの最大利点である。久しくにホームセンターやクルマパーツ屋にカッティングシートを求めゆくが、5年くらい前に比べても展示品種が極端に減っていた。


▲Rocky Mountain Altitude30ドノーマル





もう自身でカーボンシート施行やステッカーチューンをする輩は激減したのだろうか。あぁここでも無個性の時代を感じる。しょうがないからプロユーズの[アルミゴールドブラッシュ/ダークシルバーブラッシュ]カーラッピングシートを通販購入。3Mダイノック同様にプロ仕様は気泡なく張り込みやすさが抜群で作業効率はすこぶる良いのである。


▲Rocky Mountain Altitude70ドノーマル





メタリックタイプは立体物に貼るとイメージギャップもある。仕上がり上の光の当たり方・写真の撮り方で印象が変わって見える。しかしクルマ同様メタリックが一番表層のメンテが楽で傷も目立ちにくい。メカニカルに関しても同様MTBいじりは1/1の模型を組んで自分が乗れることがオーナーの喜びであること間違いあるまい。雨にも負けず、暇にも負けず。「己の個性いかに現すべきか」考え迷う事も楽しきことなり。




▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


PR

No.719|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

6/14:【信越眺望の原始林を往く:BRAVE】ムービーの巻

2019/06/14(Fri)04:18






昨5/26は新潟山系を望む上州火山北峰を往く。頂部カルデラより一次ピークへ這い上がるが、そこから暫くは巻き・痩せの戸渡りを巡る。崩壊放置の杣道もあり日射熱で体力も消耗した。小休止のちに二次ピークからの降下開始は防火帯を辿り眺望を横目に林間に入り込む。北側は西・南降りとは植生が違い大シダが延々と群生していた。その原始林のような様はニュージーランド北島のようである。山麓の自治体が近年蘇らせたこの地図にない登山道は再整備すればなお素晴らしいトレイルになるだろう。
















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.718|▲○MOVIEComment(0)Trackback

6/8:【山バッジが久々に欲しくなったぞ!】の巻

2019/06/08(Sat)02:19




先日に奥武蔵名峰・堂平山の山バッジ完成のお知らせを発見する。(謹製:高崎金属工芸)天文台キャンプ場受付で買えるらしい。これらは名山の小屋・麓旅館・売店などで見かけるのだが、大昔にわかハイカーの父に連れられて巡った登山の度に物色をしていた記憶がある。ペナントは目立つのだがバッジは見逃しがちであるもの。奥多摩名山ではよく見るが奥武蔵山系は土産屋がなくてあまり見られない。





▲ネオナチ風・八甲田山バッジ


昔の登山者は今といでたちも違いキャラバンシューズに靴下でズボンのすそを止め、首からタオルをぶら下げて、つばの短いチロリアンハットにバッジをつけていたのだ。セピア色の思い出に感じ懐かしいものだが、その頃は500円位で買えたが今は1000円以上するらしい。凝ったものは七宝焼のもあったり。マニア憧れの[棟方志功作:八甲田山バッジ]てのもある。それは完全にネオナチ的デザインである。その多くは日本人ならではの緻密さで小サイズに込めた意匠は繊細で感心するもの。まあ登山者にとっては登頂の証なのだが、我々MTB族にも集めている人はいて愛車フレームにつけるといい気分になるかなぁ。なんて思ったりしてみるのだった。






▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.717|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

6/5:【上州武州国境強行探索:EXPLORE】ムービーの巻

2019/06/05(Wed)01:46




昨5/18は上州武州にかかる南下巡視道・旧参道を巡る探索行だった。この頃立て続けに県境ばかりを行くが、大抵そこらは地の利が悪く登山者は稀である。午前は東電巡視道を進むのだが複雑怪奇で巻道が途絶えたり劇降下があったりルートファインディング判断がつかぬは、GPSが無ければ迷走続きであった。しかし別の尾根では快走ワインディング続きで鬱憤ばらしでほくそ笑み進めた。終わり良ければすべて良し探索であった。








▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.716|▲○MOVIEComment(0)Trackback

6/1:【上州野州国境スラローム:ZIGZAG】ムービーの巻

2019/06/01(Sat)22:03






昨5/4は上州野州をまたぐ南北尾根を彷徨った。尾根北はもう日光だと。当初目的とは違うルートだと途中に気がついたが、苦行にて最終ピークに着きヤケクソ気味で麓を目指す。ところが終盤ではこれまでの頑張りご褒美のように延々スラロームが続いた。皆は体力消耗気味で浮遊感覚で身を揺らすように進む。堆積物排除し整備すれば素晴らしいトレイルだなと思いながら無事に突破できたのだった。














▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.715|▲○MOVIEComment(0)Trackback

5/27:【上信越・未知の山エンデューロ的探索】の巻

2019/05/27(Mon)20:48














5/26上信越県境の火山北山麓に5名集結。そこより仰ぎ見るは冠雪をまとう谷川連峰がそびえ立ち驚く。この日は現地自治体が廃道を再整備して3年前に開通させた登山道にトライしに来た。まず1500m超えの峠までよじ登るが、気温18度の予報が外れ25度にも達し大バテでたどり着く。そこから巻道・痩せ尾根多数ゾーンに踏み出すが、柔か地質に戸惑いハンドルを立木にぶつけ当方が転落した。それを見て後進隊は行く手を慎重に進むのだ。最終的ピークに正午頃達しいよいよ新登山道をたどる。











初盤から清々しい展望地を経て快適な降下が始まる。不変則トラバースや岩場もあるエリアに差し掛かると首都圏山では見られない大シダの群生を潜りゆく。疾駆八苦で進むがあとで写真を客観視するとニュージーランド北島的印象に感心するもの。終盤は作業道を行くがこれまでの疲れも吹き飛ぶ高速で気化熱クールダウンとなる。この頃4連続で探索行が続くが、それには苦行に耐えられる仲間が活動復帰・参加頂ける事に恵まれているから他ならない。その無軌道活動の支えに感謝するものである。
















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.714|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

5/23:【西上州山系・快走同窓会:Impressive】ムービーの巻

2019/05/23(Thu)23:44






昨4/29は旧来メンバーのみ4名にて西上州の快走尾根を巡る。ここに初めて来た時は広葉樹の緑が豊かで展望など見えず、梅雨の雨後で滑りすぎ楽しめなかったのである。しかし久しく昨秋枯れ尾根に再来すれば見通しがすこぶる良くドライでその豪快さを見直したのだった。さらに西方面の展望絶景を見に寄ったのでのんびりし過ぎたが、大らかな快走同窓会が叶ったのであった。















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.713|▲○MOVIEComment(0)Trackback