忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

12/14:【岩と根の罠を抜け駆け落ちる:VIBRATE】映像の巻

2017/12/14(Thu)19:13







12/14かつての暴れん坊修行山に久しぶりに出向く。先の挑戦し甲斐ある難所を見る度に懐かしく思えたが、数あるアタックポイントの中でも若木が伸び岩盤が崩れたり変り様が著しかった。時を経て変わらぬトレイルなどないのだろう。濡れ路面だと最悪ルートだが、今回乾燥路面で滑らずコンディションは最高だった。また幾通りか懐かしき山系を巡回し思い出トレースしたいと思えた。


















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.639|▲○MOVIEComment(0)Trackback

12/2:【雲海を望み引力に従い往く:Pleasure】映像の巻

2017/12/02(Sat)22:42










11/23山行は関東三大不動・奥の院より雲海を眺めながら旧表参道を降下。行程では雨後のぬかるみなく快活に進めた。この山のベースは石灰質でもろく崩れた道もあるが、かつての参道だけあって道筋は踏み固められた高速トレイルである。ノンストップで駆け抜けたが、また西は秩父まで届く尾根伝いの峠まで登り返し支尾根を南下する。登山者とは全く合わない忘れられた山道を堪能できた。
















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



No.637|▲○MOVIEComment(0)Trackback

11/21:【雄大トレイルを彷徨い往く:Stranger】映像の巻

2017/11/21(Tue)23:34







11/12上州前衛大山系の新探索ルートを制覇すべく標高1400m越えより挑んだ。落葉で空が開けまた寒波もあたり自然猛威を感じた。新緑の頃とは全く印象が変わり急傾斜ヤセ尾根の両脇が深く見下ろせ落ちぬようとテンションが上がる。行く手に緊張と快感が交互に現れ大山系の醍醐味を味わう。中盤では地図破線の探索を行うが深藪に阻まれ進行断念。諦めの引き際というのは難しい。あげく往復1km・1時間迷走になった。









別案地図上ない道筋を辿れば二つの支尾根の狭間を恐々と行く。しかし行けども探せど道標はない。その谷間は広大で何処でも走れる懐の深さ。やがて確定ルート進入し勇み驚喜で進む。迷走なく行けば14km下りっぱなしの雄大トレイル。気温もスタート=0度からゴール=12度と季節が変わるような気温差であった。この落葉後の道筋明るいベストシーズンは積雪までたった一ヶ月しかないのだ。我らは歴走最高クラスの幸運に歓喜した。前半と後半に分け映像記録を刻む。

















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.634|▲○MOVIEComment(0)Trackback

11/17:【黄金色落葉トレイルにて:LEAVES】映像の巻

2017/11/17(Fri)16:57







昨11/4もう少しで山梨への県境尾根にて。標高1100m越えより秋たけなわの黄金色の落葉敷き詰める明るい道を往く。サクサクザワザワ駈けるは耳にも秋の風情を感じ愉快が増す。ここが初めてのY.N氏も有頂天でループにかき回されるよう麓に飲まれていく。待ち受け撮りをしたくても「止められない、止まらない」万有引力に任せ心の中で歓喜が続いた。














▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.633|▲○MOVIEComment(0)Trackback

10/5:【三大豪快道・総集編:FALLING】4映像の巻

2017/10/05(Thu)23:52




昨9/30奥武蔵と秩父境の同稜線上古道にて北・西・南に駆け下る。快晴最適気候のなか皆張り切り様が頼もしく、掛け声ともにトレイルを踏みしめ行く。これまで実行しなかった三道プランでありながら遅刻者発生したのでノンストップ進行を目指す。本来深い森林巡視路に関わらず煌々と刺す陽の光を受け、山の神に歓待をうけた如く思う存分に駆け巡る。激しい岩盤路面はブレ過ぎたので割愛したが、映像第一弾は三大核心部の総集編なり。









以下のFALLING-A・B・Cは各3豪快エリアのノンカット版。始終張り付いてくれたYZ君が主になったが、まあ当日寝ずに登場してあの日のハードスペック・プランに耐えたものと感心したものだ。行く道程が脅威でまた楽しすぎて受待ち撮影ができなかった代わりの連続映像としたい。お仲間貴兄この三連休で復習されまた次回へのイメトレとして眺めてくだされ。






【FALLDING-A:第1ルート・急傾斜1分間修行の図】








【FALLING-B:第2ルート・掘割パイプライン連続の図】







【FALLING-C:第3ルート・バリエーション豊かな巡視道の図】








▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.630|▲○MOVIEComment(0)Trackback

9/27:【修験道・縦横無尽:GLIDING】映像の巻

2017/09/27(Wed)19:54










昨9/16奥武蔵辺境のマイナー古道・巡視道にて。台風当日降雨前に急いだので初走行貴兄はきちんとルート把握できただろうか。待撮りも休息も出来ず、皆が暗雲に煽られたことがありありと写っている。午後までに3ルート15km駆けた乗車率100% 興奮率100% ファイト一発的映像完成。























▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.628|▲○MOVIEComment(0)Trackback

8/30:【無重力ダンス:Zero Gravity Dance】4K映像の巻

2017/08/30(Wed)22:09







今春4月埼玉県越谷市にオープンしたインドア・スカイダイビング・スタジオの【Fly Station】へ8/26取材見学に出向いた。日本初の当施設は外見が工場のような様相だ。メイン設備の縦型風洞は時速300mの風を吹き上げ人体を舞い上げるのである。さぞ大騒音であるかと思ったが「密閉型循環式ウィンドトンネル」最先端技術採用で思いのほか静音である。貸与されるダイビングスーツに着替えたらインストラクターよる事前講習がある。 スカイダイビング経験がない人、子供でも年配の方でもプロのサポートにより短い間に飛翔できるようだ。









トレーニングで慣れた頃には上空20m位上昇できるそうだ。この間2~3分らしいが、通常スカイダイビングでは自由落下は1分位なので長く飛べた感覚になるようだ。側で見ただけでは回転しながら飛んだりのアクロバット・テクニックの要領はよく分からない。しかしこれを体得できれば、マウンテンバイクでのフリップ技術もイメージトレーニング出来るのではと思えた。この新感覚の無重力体験をまたいずれトライできればと感心しどうしであった。








4月オープンでの公式デモンストレーション映像が素晴らしい。世界チャンピオン・ロシアのプロダイバーの技術が見もの。その超絶テクニックをご覧あれ。



【FlyStation Web】https://flystation.jp/
利用料金は曜日別でまた割引対象もあり上記ネットにて参照下さい。
(事前講習費・スーツレンタル・フライト指導費込)
【年齢制限】こどもは4歳以上【大人体重制限】120キロ以下。
〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン6-19-3


▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.626|▲○MOVIEComment(0)Trackback