忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

6/20:【絶景の森を駆け巡る:Forester】映像2本立の巻

2017/06/20(Tue)20:15



















昨6/10山岳爆走隊A.S隊長よりいざなわれ、北関東前衛の独立峰群にお導き頂けた。当山域はこれまで未知なエリアであったが、期待以上の景観に感心し縦横無尽に縫うように駆けた。スムーズに往くうち薮分けの道筋でいきなりドロップなどスリルもあった。それも気を引き締める刺激となる。御大秘蔵の当トレイルはこれまで20年幾多の山行きでBEST5に入るであろう。そんな感動行程をAm・Pm2編に分け編集した。これは乗車率も最高レベルな屈指の尾根縦走22km記録である。





















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


PR

No.620|▲○MOVIEComment(0)Trackback

6/6:【自由の迷路を駆け回る:Puzzled】映像の巻

2017/06/06(Tue)01:48










昨5/28奥武蔵辺境にあたる古道の再探索に出向いた。そこはまことしやかな昔話で昭和初期スキーゲレンデが存在した尾根腹袖に在る支尾根であった。初盤は問題無く威勢良く駆けたが、中盤以降は道筋は流失風化し行く手を遮断されたようになる。林間どこでも走れることは遭難にもたやすく陥ること。ハラハラし賭けで降下し探索学習の難題を潜り抜けたよう。貫通できたからそれはスリルとして楽しめたが、活路を切り拓くことは新たな自由を求めることと分かってきた。























▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.618|▲○MOVIEComment(0)Trackback

5/20:【残された古径を往く:Nostalgia】映像の巻

2017/05/20(Sat)02:34










今回は昨5/5地元の里山的風情を巡った映像記録。テーマの「Nostargia=郷愁」と捉えるが、かつては縦横無尽に在ったのだろう古径が今は開発断絶され「取り残され、使われず、忘れられた」道となる。それらは高速道路脇だったり、住宅街裏だったり。その中にあるので土道を踏むことまじまじと意識し駆けるのである。しかしそれらもやがては一つずつ失われていくのだろう。気の向くままに、いざなわれるままに。のんびり往くのもたまにはいい。























▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.616|▲○MOVIEComment(0)Trackback

5/9:【快走トレイル野郎達:GRAD】映像の巻

2017/05/09(Tue)19:37







昨4/29埼玉西部・林業巡視路にて午前中AKB君愛犬さんと伴走したが、午後からの第2走は新ルート探索にかかる。しかしそこは想像よりも岩盤険しくトライアル的で特攻チャレンジを強いられる。難解ルートは久しぶりだったが各位果敢にダイブしていった。そして第3走は掘割連続の快速ルート。道程もよく把握し側に転落リスクもないので従来より高速で挑む。あげく狂ったように第4走リピートし皆アドレナリン放出したのであった。




















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.615|▲○MOVIEComment(0)Trackback

5/2:【快速トレイル犬:春のHARU】映像の巻

2017/05/02(Tue)23:49









昨4/29埼玉西部・林業巡視路にて久々登場AKB君愛犬のHARUさんと伴走する機会に恵まれる。気候も路面もコンディション最良につき皆のヤル気は充分。傾斜が強いトラバース続きでHARUさん大丈夫かな?とあんじながらも陽気に勇んで駆け出した。HARUさんは躾もよくされ愛嬌ある様子は飼い主君に似ていると思う。がむしゃらで駆けときに用足しで止まったり、頑張りすぎてペースダウンしたり。正直に生きるHARUちゃんを溺愛し、足止めして一々謝る飼い主君も大変だ。午前中ランはこの「春のHARU」の独壇場。愉快なGWの扉を開けてくれたように思う。




















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.613|▲○MOVIEComment(0)Trackback

4/27:【有頂天二大トレイル:WIPEOUT】映像2本立の巻

2017/04/27(Thu)00:04










今回作は4/8埼玉山域西外れの主脈尾根より東・西に駆けた二道映像なり。午前は濃霧舞い降りるなか某峠より導入が茂みで不明な割には本道は間伐で随分開けた支尾根道である。数えきれぬほどの九十九折を潜るがコースアウトすれば谷落ちするようなテクニカルなルートだった。傾斜が強い分スピードセーブが必要で大変忙しく難所抜け切れれば快感繰り返す行程展開であった。







午後の部は3月に迷走した掘割ルート。前回は後撮主だったので今回追撮りでまとめる。前回よりも道筋を読めて午前道より傾斜緩く始終掘割道なので谷転落することなく皆有頂天で駆けた。コーナー行程後半のみ編集してみた。この二道以外にも目論む道があと2本ある。それを探索しきれば当山域はDHパラダイスになるに違いない。飽きやすい自分だが続けて5回来てもいいほど愉快な山系である。














▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.610|▲○MOVIEComment(0)Trackback

4/16:【新開拓グラインド・トレイル:GRIND】映像の巻

2017/04/16(Sun)23:21







今回作は昨3/19埼玉西部の⚪︎番峠・岩盤ルートと南下ルートを駆けた映像記録なり。岩盤道ではペダルやタイヤを削ってしまったが、冒険的には駆け甲斐のあるルートであった。方や南下ルートは午前ならばハイカー方が多く走りがたいが14:00過ぎればご機嫌なノンストップで駆け巡れる。新たな道を求める事は「己を活かすべき道」を望む事なり。そう思えた有意義な山行きであった。




















▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


No.608|▲○MOVIEComment(0)Trackback