忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

1/11:【ゴリラパークBMXジャム】乱入リポート

2015/01/11(Sun)04:51





1/10ポタリングがてら南浦和・外環高架下にあるゴリラ公園トラックに立ち寄る。昨年末バイクデモで会ったYA君の友人Jr軍団がトラックを駆け模擬レースをしているというのだ。5歳~8歳位のチビッコ達は頭に合わぬデカ過ぎフルフェイスをかぶりその4~5等身の様が微笑ましいもの。予想よりも混雑しなかなか自分はトラックを巡れず。ようやくの隙間に駆け出したら2週回った位で「ノーヘル禁止です!」と少年選手に叱られた。忘れたことに恥ずかしく脇へ退散し撮影に耽る。



ここ川口市は他にもスケートパークがありエクストリーム志向への理解がある行政だと思う。ただゴリラ公園コースの管理は川口市公園緑地公社ではなく、実際は日本オフロードショートトラック連盟と有志方々による整備を実施運営されているそうだ。そんな▶【ドカタマニアご一行】のメンテ作業を拝見するとその大変さご苦労に頭が下がるものだ。おかげでトラックの成り立ちは以前よりもコーナーバームはせり上がり立派になりサイドグリップが必要なくなった。





ローラー凸凹もサイド土嚢固めで端正な造形を保ち本格的なレース環境に成ってきた。ただあくまでBMXトラックなのでローラーピッチは20inchホイル向きであり、オープン環境であるからして安全考慮でジャンプしにくい設計であるといえる。上記連盟は緑山とここを管理するが、どちらも中規模ながら色濃い山砂を盛り固め本格的なコースに仕立て上げている。固め湿感ともに最高に管理されているとあらためて関心した。







2年ぶりに再訪したゴリラ公園へは転居して自走で30分で来れるようになった。またオフロードトラックではないが自宅からの自走範囲には5カ所ボウルランプ中心のパークが続々オープンしてきている。こんな良い環境で今のアクティブキッズ達には至福の時代だとうらやむ次第。そんな少年勇者から[2020東京五輪BMX競技]エントリーを目指すべき才能もきっといることでしょうな。


▲アクアパーク吉川

▲SPEED SHOP FUST

▲並木元町南公園

▲M's Ramp Lab Skate Park

▲野田パーク

▲2020年東京オリンピックBMX有明トラック会場



▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ





PR

No.519|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字