忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

10/12:【山バカ同志と甦える幻古道を往く】の巻

2016/10/12(Wed)21:50












本年の「山行こう行こう詐欺」でお互い会えなかった山バカ同志シリーズ第三弾。そのVayaan君とは5年位前からのYoutube同志であった。これまで交信交流のみだったが近日に埼玉へ転居され10/11(火)に合流しようと申し合わせた。そして自身さえも忘れかけた秘境尾根縦走へ三年振に向かう。初盤一山からは緩やか巻道を辿り後半は面倒な岩盤越えをし尾根上縦走路を伝う。後の急降下の楽しみ繰り返すのだが、縦走三ツ目ピークを越えた以降に人知れずの旧古道が見えてきた。













そこはかつて鬱蒼とした凸凹道だった。しかしこの度は木々の枝打ち・間伐・水捌処理・下草狩りが完璧。バーム・掘割も面取り整備されることに驚きながら巡る。後方からは同志君が「すげえ!」「常設コースみたいだ!」などと絶叫し進む。ここの林業組合方々はトレイルビルダーか?と思えるくらい感心してしまう。行程では4ツ分岐がありいずれも里へ向かうが、乗車率100%の道筋を選べたのは初めて。[4分岐の二乗]だから暦走16分の1で一番良いルートを巡れたのであった。












同行貴兄も撮影好きでその映像創りは素晴らしいもの。▶︎【Youtube:Vayaan体験記録】を展開しておられるが、本人からは「昔からMasaさん映像を見て育った…」と申してくれたことに有難くやり甲斐を頂いたものである。今回5年越し伴走のVayaan氏をいざなうトレイルとしては佳き贈り物であった。「我ら巡る山々、朽ちる道有れば、また甦る道有り。いずれも時の運を辿り驚きに満ちるなり。」と心中余韻残す紀行であった。














▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


PR

No.581|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字