忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

3/20:【グラインド・トレイル奥武蔵探索行】の巻

2017/03/20(Mon)19:49








3/19(日)温暖な連休中日に奥武蔵の西端山系に向かう。今回は賛同者T君と当方のかつて巡ったルートを繋ぎ合わせるという探索行になる。標高800m以上はまだ残雪があり泥濘路面も残る。謎のトレイルがすぐに見付からず導入が塞がれていることに気づく。よって側道脇林間を掻き分けて進入すれば立派な踏み跡に辿り着く。そこは静けさと雄大さを感じる手付かずな空間だった。枝打ちや落葉が積まれるルートを進むが倒木にかかり自分が飛び、枝がらみで後進が飛ぶ。やがて尾根ルートに差し掛かると急傾斜が続き脇でハイカーさん達から降下見物されることになる。そして未知の⚪︎番峠ルートに差し掛かるが軽快に進みつつも段々岩が増えて沢を4回位横切り木段を踏み外したり。なかなかの修験道だと鍛えられたがこれで午前の部は終了。









午後は同山系尾根上まで移動しかつてよく通った縦走ルートを進む。1年ぶりの当ルートは地崩・風化で随分道が流れ落ち落盤危険箇所も散見された。自然の猛威には勝てまいか、気をつけながらも巡行していく。9km未満の後半も随分岩ゴロが剥き出すようになりハンドリングに忙しく駆け進んだ。ほぼ無休で進み気温も上がり皆ヒートしきったのだった。午後3時に完走できまだ日も高いので、午前トレイルのバリエーション亜流道を行くことに。その時間にはハイカー方も下山され豪速で連続スロープ降下がかなう。そして未知の分岐以降で思わぬグラインド・コーナー連続域に突入。オール掘割でコーナーワークも愉快にワクワクが止まらない。待ち撮りしたくても止まれない。探索行の仕上げとしては格別なフィニッシュで皆笑うのであった。








▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



PR

No.605|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字