忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

3/2:自転車が駆ける映画BEST

2008/03/02(Sun)03:40

これまで見たことのある自転車乗りのシーンが
印象深い映画をベストセレクトします。

Nuovo Cinema Paradiso
ニュー ・シネマ ・パラダイス:邦題 (1989/伊)
映画館主が少年を乗せ自転車を漕ぐ姿が印象深く、日本でのポスターはこのシーンが使われました。


Butch Cassidy and the Sundance Kid
明日に向って撃て !:邦題(1969/米)
B.Jトーマスの歌が相応しく清々しいイメージビデオのよう。ポールさんのアクションは素晴らしい。


Breaking away
ヤング・ゼネレーション:邦題 (1979/米)
偶然通るトラックが前方風よけしてくれます。ドライバーが出す4本指は40マイルで走ってるよっ、てこと。



▼お気に召したらクリックください。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.101|▲○DiaryComment(6)Trackback(0)

Comment

ロードバイクですが・・・

2008/03/02(Sun)08:04

うちは何と言っても「茄子 アンダルシアの夏」「茄子 スーツケースの渡り鳥」ッスね。オリジナルアニメだけど、ジブリっぽくて良し。
コラボでパールイズミが登場するジャージを販売していました。

No.1|by 伸弥|URLMailEdit

自己投影の尺度

2008/03/02(Sun)17:13

伸弥さんへ:毎度のお声感謝です。話題になるも茄子作品は見てないのですよ。ロードバイクは昔の細めクロモリフレームが好きです。30代のMTB愛好者の多くが「メッセンジャー」作品に影響されたようですよ。かくして映画の良さは、感情移入の深さと、後の余韻に現れるものですね。

No.2|by mtrmasa|URLMailEdit

無題

2008/03/03(Mon)14:31

Braking Awayいいですよね。
Videoでも持っています。
妙におかしいですよね?
後、ケビン・コスナーが売れない時代に出ていた映画があるのですが?これも必見ですよ。
アメリカのクリテリュームレースの状況が見て取れます。

No.3|by huckysack|URLMailEdit

捨てるに捨てれない逸品ですね。

2008/03/03(Mon)14:53

huckysackさんへ:Braking Awayビデオなんてあるんですねぇ。貴重な逸品ですね。huckyさん宅にはそんな値打が無いようであるような物がごろついていそうですね。
30年位前までのアメリカ青春映画は澄んだ青空が眩しく印象的だと感じます。
クリテリウム競技なんて国内では珍しいものになりました。競輪界がよく後援してましたよね。

No.4|by mtrmasa|URLMailEdit

イル・ポスティーノ

2008/03/19(Wed)07:47

が好きですね。
'95のアカデミー賞5部門ノミネートのイタリア映画です。

ナポリ沖の小島で、自転車が生活の一部になっている様子がいいんです。

No.5|by ペックル|URLMailEdit

ただ郷愁にほだされ。

2008/03/19(Wed)09:47

ペックルさんへ:
あぁ忘れていた。イル・ポスティーノは自分も見ていたぁ。よくぞ気付きを与えてくれました。主人公のひたむきだったキャラクターは悲愁と希望があわさる演技でした。は上映当時のイタリア映画はニューシネマパラダイスなどを代表とする郷愁をそそる作品が多かったですね。一番有名な映画はもっと古い「自転車泥棒」なのですが悲しすぎるのでベストにはあげませんでした。

No.6|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :