忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

10/27:北欧発クールなショウビズ

2008/10/27(Mon)10:41

山活動ライドムービーを作るうえでプロ作品をよく参考にします。しかしMTBビデオはメタル系ハードインパクトな表現が多勢。自分たちは競争も派手なアクションもしないので1日のドラマを印象づける作品が相応しいと思っています。
なので今では他カテゴリー秀作を探し、最適なのは映画のトレイラー(予告編)を学習材料にすることです。そこで先週末たまたま北欧のいかしたショウビズ[映画&音楽]を見つけたのでご紹介します。

1

まずはフィンランド映画界より【Iron Sky】というスペースファンタジー作をご紹介。副題の[Space Nazis attack!]に引っ掛かって興味示した次第。
ストーリーはWW2末期に敗色濃厚なナチスSS軍団が南極秘密基地より月を目指して次々に宇宙船で飛び立つという始まり。そして月面軍事基地を作ったと。そのベースで強力な宇宙艦隊を構築し2018年に再び地球を侵略してくるとの設定。ところが平和ボケしている地球人は再来ナチスを大変珍しがり、驚くどころか......というシナリオなんだそうです。
制作会社Energiaはスポンサードも受けているはずですが、Webサイト上でWar Bond(戦時国債)を募り製作費に充てようという零細な進行で2010年完成を目指しているといいます。

【Iron Sky teaser-Space Nazis attack!】


⇒◆【高画質版】

2

宇宙基地がハーケンクロイツだったり、月面でサイドカーに乗ってたり、そして戦士同士が宇宙服でナチス敬礼したり、面白さを超え涙ぐましい。そしてテーマ曲がジャズシンガー阿川泰子を彷彿とさせゆるくてよいです。

3

こんなナチズム作はユダヤ資本ハリウッドやましてやドイツでも絶対作れません。しかしなぜフィンランドが作ったのかと推測すると、WW2当時フィンランドは実はドイツに付いた枢軸国だったのです。その理由は大戦直前にソ連に奇襲され領土を奪われたので、その奪還という目的があったからです。
この映画はかつての旧同盟ナチスへの賛歌ともとれるグッドジョブ。おそらく日本劇場公開はないでしょうがDVDタイトルを楽しみにしたいところです。
⇒◆【Iron sky web】http://www.ironsky.net/


5

そしてノルウェーの音楽界より。北欧ラップサウンド?と言ってもピンとこないでしょうが、仏独以北にもアフリカンの移民もいるようですよ。今年デビューしたMADCONのラップビートがいい。往年モータウンサウンドとラップをリミックスしたような、と思ったら、USA'60の4SEASONS曲のカバーでした。
その歌声がオリジナル曲のフランキーヴァリによく似てるんですよ。オリジナルナンバーよりいかすと思えます。日本では珍しい北欧ブラックサウンドを聞いてみてください。

【MADCON - Beggin 2008】


⇒◆【高画質版】

▼お気に召したらクリックください。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.166|▲○MOVIEComment(4)Trackback(0)

Comment

無題

2008/10/27(Mon)11:59

Iron SkyとMADCON面白かったです!

それにしてもmtrmasaさんは博学ですね!いろいろと勉強になります。


No.1|by さくらば|URLMailEdit

ハイル!

2008/10/28(Tue)23:33

ごぶさたです。チャリンコ乗ってますかい?

Iron Skyは自分的に楽しみだが、この予告編を見ると失われた栄光を見るようで、ノスタルジックでまたロマンチシズムも感じるね。再来するネオナチスには旧同盟の日本社会がどのように映るだろうか。彼らに来てほしい気もする。伴に彼らに敬礼しましょうか。

No.2|by mtrmasa|URLMailEdit

参考にさせていただいてます

2008/10/30(Thu)18:15

mtrmasaさんこんにちは!
初めて書き込みさせていただきます。
先日tkns山でお会いしました、taroさんの連れのうちの一人で、おおにしと申します。
先日、こちらのブログで紹介されていた鍋割山の記事を参考にさせていただきましたので、ご挨拶まで。
http://ameblo.jp/wfr/entry-10158161104.html

また、動画の撮影、編集からアップロードまで、目からうろこの記事の数々、興味深く読ませていただきました。
まだまだ精進が足りないなぁ・・・と思うことしきりですw

ではでは。
またどこかの山で会いましょう。


No.3|by おおにし|URLMailEdit

無謀な勇者へ

2008/10/31(Fri)16:36

▲おおにしさんへ:
奥多摩遭遇では挨拶も憚らずご記憶頂き感謝。トライされたNB山は御前山より豪快で貴隊も慌てたでしょうか。動画で見る同伴雄姿がまるで晒し者ですよ。されど勇気があれば乗車率100%ではないですか。
Movie制作も試行錯誤で始め10か月ですが、役立てて頂ければ幸い。まだ画質向上作法などされておらず画質粗いようですが、貴装備カメラ機器・ファイル形式など教えてください。最適手法をお伝えします。また無謀な開拓はしないで済むよう山系地図もお送りできます。弊Blogメルアド宛までコンタクトください。

No.4|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :