忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

10/31:無謀なMTB勇者達あらわる

2008/10/31(Fri)18:00

先般奥多摩山上で遭遇できたWFR-OB隊(Taro殿・0024殿)より活動報告頂きましたので彼らの勇姿をご紹介。
今のご時勢ロード派シェアが増え、本格山活動するMTB族が減る現状。後進が育ちにくい環境のなか頼もしいことと思えます。彼らは何年か前より当方mtr Web掲載の山系を訪ねては勇敢に駆け、また自らの活路を見出していたようですよ。

【10/12:jumpin' downhill】

⇒◆Blog:Jumpin' DH
遭遇できたTS山にて彼らは違う下山路へ。この石尾根は彼らの定番なようです。皆元気に仲良くかけて微笑ましいもの。やはり山バカ=懲りぬ少年なのですなぁ。

⇒◆【同日当方作:Mountain of Heaven】

【10/18:MTBers in Mt.N】

⇒◆Blog:ハードテイルにはハード過ぎるトレイル
そして今度は当方開拓経路NB山を訪ね果敢にトライされたのですな。未知の豪快路をよく辿れたものと感心。ここは高峰山なんぞより難しいですぞ。激坂での慌て様もナイスです。

⇒◆【9/13当方作:Okunoin Last Summer DH】

MTB族でも多種カテゴリー形態がありますが、WFR-OB隊は当方達同様フロンティア・フリーライド(探索適当山走)の正統後継者として映ります。彼らも映像記録をきちんと撮って楽しみ方も似ております。まだまだナウでヤングなWFR-OB隊ですから、どうかさらに果敢に活動継続されるよう。いやというほど転倒して、また立ち上がり笑って駆けるよう願い見守りたく思います。

▼お気に召したらクリックください。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

PR

No.168|▲○DiaryComment(3)Trackback(0)

Comment

はじめまして

2008/10/31(Fri)21:39

ご紹介いただきましたWFRのものです。はじめまして。  とはいっても一度鷹ノ巣でお会いしましたが。   NB山 僕はいったことないので、明日トライしてみます。
わがWFRもみな社会人になり、人数も少なくなってきたので、今度是非一緒に走らせてもらってよろしいでしょうか。  よろしくお願いします! 

No.1|by けんし|URLMailEdit

無題

2008/11/01(Sat)14:49

うん、確かに自分のような30〜40歳代仲間は山で頑張ってますが、MTB絶対数が落ちればおのずと入山する輩もさらに減少なんでしょう。きっかけも無く自ら望まなければ山を走りたいなんて思えないでしょうからね。WFR隊の皆さんや全国ヤング層も頑張ってもらいたく思います。

No.2|by ONO|URLMailEdit

この至福を伝えるために。

2008/11/05(Wed)13:49

▲けんしさんへ:
鷹ノ巣現地で言葉交わせず残念です。どうかこれからも素晴らしいこの嗜みを継続され、後進を育成ください。そして合流できる機会を楽しみにしてます。

▲ONOさんへ:
お互いに流行にとらわれず、趣味でなくマイライフでMTB活動を続けていければいいでしょうね。まあ精神はヤングで。山ではガキんちょで。それが我らの生きる道でありたいと思います。

No.3|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :