忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

4/26:海外通販と国内販売のマーケティング考察

2009/04/26(Sun)00:32



昨今円高で海外通販を利用者が増える中、先日当方MTB同志がサービス好評のUK-Wiggleを利用するというので、便乗してカーボンパーツを購入したのであります。当業者は主要国通貨レートをリアル表記し国際サービスが充実。購入金額100ポンド=13200円位(現レート)以上購入で送料無料になるので友人案件に便乗したわけです。
Wiggleはコアなパーツブランドは多くないですが超特売商品が豊富です。当方購入品はKaroy Guizzo & Gass(国内扱い極小銘柄)カーボンポスト2本で7300円也!下りメイン用&探索担ぎ用のフルサスに新調です。本来下り系ライドではカーボンポストは耐久性に不安があるのですが、フレームのシートチューブ内径が傷つきにくい利点があります。



日本関税法では自転車部品(ウェア等は別)だけなら16666円以内の購入で関税・消費税もなしです。なので送料無料の13200円~16666円内購入が賢い買物。レートが毎日変わるので限度額上下ギリギリでは避けるべき。ここが凄いのは日本へのフレーム発送を最近はじめ、他社では扱わないパーツ組付け発送までやること。部品だけだと発送着が1週間以内と早く、末尾要項のように日本ユーザー対応サービスも充実しやる気十分です。

今回はセール期に該当しまた5/31まで全品10%OFFでさらに余計な買い物ができます。通常は送料・手数料が社別に異なりますが殆ど国内での購入+費用よりも格安利得であります。5年前位は海外サイトでの高額商品購入には見積算出送り等メールやり取りが大変で、150000円購入で銀行振込利用だと手数料¥5000以上取られたのが嘘のようであります。



【国内販売業者に企業努力を求めたい】
アメリカ産業同様に日本も自転車+部品生産は中華圏に移し、製造部門は空洞化しています。そして残った販売部門はユーザーの利便性のある販売体制を整えているでしょうか?従来から国内で自転車通販業が盛んなのは関西系社だけで首都圏はまるでダメであります。
関西から半期毎に遠征販売に来るウエムラパーツ販売会等では、毎度こんなにMTBファンが来るのかと驚きますが、それ以上のマーケットが必然とあるのです。MTBユーザーは安さだけでなく『豊富なアイテムから選ぶ喜び』を得たいのに首都圏業者は同様サービスが出来きず顕在需要を完全に取り逃がしています。

ユーザーとメーカーが直結しつつある昨今では、巷の三大エージェント業(銀行・証券・保険)は統合し必死に努力しています。本来作り売るものが無いそれら仲介代理業はユーザー本位のサービスをしなければ消費者支持は遠のくばかり。元々国内自転車業界(輪界)は保守的すぎ老舗代理店権限が強く販路を換えたり薄利多売をあまりしません。
だから高級パーツ交換頻度・購入が少ない街乗りクロス車が流行るのでしょうか。先進諸国で一番売れるスポーツ車はMTBだというのに。それに日本は国土の7割が山だというのに。リアル店舗にMTB製品を置かなくなった昨今、注文しないと商品がないという状況はその分、物流販売サイクルが停滞しているということです。

だからなおのこと私達が真に求める情報を届け、その商品を得られるようにするサービス体制を構築してもらいたい。充実のネット販売とアフターケアとも細やかなサービスで経営変革努力をして頂きたいと求めるものです。現況の円高経済を抑えかつ国内産業支援するためには『海外通販で日本銘柄を買うこと』かも知れません。まとめショッピングの際には利用価値大だと思えます。

【今回取り逃がしたアイテム】

※国内販売無、だがネット物売切れ


※ポスト径サイズが合わぬ27.2mmのみ


※適合34.9mmサイズ売切れ


※当方愛車Jamis Xamは09モデルでHammer Schmidt装備グレード追加!
日本発売無。買替予算無。怒。泣。

【日本からのショッピング - Shopping from Japan】Wiggleより抜粋
日本への配達は約5日から10日かかることを予想しています。より速い配送をお求めの方は優先発送をお使いください。£100(約¥13,200円)以上ご購入の際は無料配達いたします。日本への配送商品と通貨表示はWiggleウェブサイトのこちらをご覧ください。

【課税・配達・配送の情報】Wiggleより抜粋
日本からのご購入、日本への配送をされるお客様へはイギリスの課税が免除(15%)されます。
* 日本への配送可能な商品とブランドのみがウェブサイトに表示されます。(食料関連、液体などは海外への配送をしていません)
* 日本円での価格表示を見ることができます。英ポンドにて決済がおこなわれ、チェックアウトの最終段階にて合計を確認することができます。
* 配送料と無料配送への限度額はお客様のバスケットに表示されます。
* お客様の購入された商品は日本に到着時に輸入関税 課税の対象になることがあります。
お願い:EU外へ配送された商品の価格は税関にて報告されることが法で定められています(郵送代を除く)。商品の日本到着の際に、輸入関税が課せられることがあります。

【念のため調べた関税について】
* 購入した商品の課税対象額の合計が10,000円以下の場合(商品価格及び手数料、送料の合計)は免税となり課税されない。
* 課税対象額の合計が10,000円以上の場合にには関税がかかり、かつ税関手数料200円かかる。
* 100,000円以下の場合は簡易関税率になる。
* 関税が無税(関税率0%)のものには、消費税だけが課税。(ただし、1万円以下の課税対象額の場合は無税)
* 計算式は(課税価格+関税額)×日本国内消費税(5%) = 課税額 関税が課税されたモノにも消費税がかかる。

【今回利用通販社】
Wiggle Online Cycle Shop
【Net通販老舗】
JensonusaChain Reaction CyclePerformancebikePricepoint
【Net通販新参社】
Competitive CyclistEvans CyclesProbikekit
Total CyclingClee CyclesBike24

お気に召したらクリックください。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.204|▲○DiaryComment(5)Trackback(0)

Comment

Wiggle使ってます。

2009/04/26(Sun)10:52

私も先日友人の買い物に便乗してクランクブラザーズのエッグビーターを購入しました。
やはり日本サイトより安いし、速さが魅力ですね。

No.1|by テツ|URLMailEdit

chain使いました

2009/04/27(Mon)10:57

自分はChain Reaction Cycles使ってます。この円高でボディプロテクターとフルフェイスヘルメットを新調しました。この手のは日本と比べると圧倒的に安いです。

No.2|by tos|URLMailEdit

よろこぶべきか?

2009/04/27(Mon)11:05

今回記事は考えさせられます。Wiggleなど海外通販ではやはり小物でなくて、Fサスなど高価商品のOFF値段が凄いですね。日本企業もオープンに型落ち大セールとかやらないですかねえ。

No.3|by Mazu|URLMailEdit

無題

2009/04/27(Mon)13:33

色々と考えさせられる内容ですね。

企業努力してほしいですね!

根本の企業体質を治さないと・・。

No.4|by トッティ|URLMailEdit

ご利用は計画的に。

2009/04/28(Tue)14:56

▲テツさんへ:
ビギナーでなければパーツ指名買いですから、自己責任で購入することですな。メジャーサイトであればもはやリスクはないようです。卵かきペダルで快走ください。

▲tosさんへ:
国内の安売り品は結局売れ残りが多いのですから、新品をOFF値で買うなら賢明ですな。手間も国内通販ともう変わりなしで、Chainも老舗だから問題なしですね。

▲Mazuさんへ:
大物値引きは本当に驚きますな。当方もDTスイスのサスが欲しいけども国内代理店が無いのは修理不能ということですから、そういう購入後のリスクも考えなければいけません。

▲トッティさんへ:
自身の裁量次第では無駄買いもすることもあるでしょうし、本当はリアル店で選択したいのは変わりないです。ネットではケースに応じたアドバイスは望めないですから。しかし努力無の企業は淘汰も必要だとも思えます。

No.5|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :