忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

6/6:マウンテン・ユニサイクル脅威の世界

2009/06/06(Sat)19:06





上の写真を見て「おやっ」と不思議に思われた方、マウンテン・ユニサイクルをご存知でしたか?かつて少年少女の遊びシーンで大流行だった一輪車がありますが、これは名の通り山で乗る機種なのです。
自分もその使われ方を良く知らず、ネットでたまたま辿り着いた達人ブログを見てそのパフォーマンスに驚きます。そのaoringer氏は元々MTB乗りで自分達と同山系で活動されます。見覚えある難所を克服する様は凄く感心させるものです。氏のような活動公開されるユニサイクリストは極少数だと思われます。


▲トレイルで遭遇ならば驚きます。

▲丈夫なので8kg位あるようです。

▲まさに素早きネオ・マウンテン忍者。

【達人aoringer氏の直言・要約】
難しい場所をクリアーできるかできないか。その鍵を握る極意とは...。
「ノリ」です。これは冗談でなく仲間も同じ認識を持っています。ようは一輪車ってすごくメンタル面に左右される乗り物なのです。難所を前に腰・足のポジション確認をしているとまず失敗します。深く考えずに「たのし~♪」ってノリでチャレンジするとクリアーできてしまうんです。そんな時は体が自在に動いてバランスがとれるって感覚です。
頭が柔らかいと体も柔らかく動いて、頭が固いと体も固まってしまうのかも知れません。体が硬くなるのは始終バランスをとる一輪車では致命的です。MTBでも似たような事はありますが、一輪車はそれがスゴク顕著に表れるみたいです。

▲この言葉は我MTB野郎の心にも響き共感できる有り難い教えに思えました。勇猛果敢なaoringer氏のBlogでマウンテン・ユニサイクルの世界をぜひご覧下さい。
⇒Mr.aoringer Blog【一輪車で山を走ろ!】


▲内装変速機装備ハイテク機種も有り。

▲可愛く頼もしいaoringer氏マシン:マグラ油圧ブレーキ装備

【ユニサイクリストの神:KRIS HOLM驚愕ムービー】
どうぞカナダの超人・神業ライドを見て段階的に驚愕ください。

★Shock1【Into Thunder Dragon Kris Holm】


★Shock2【Kris Holm - A Fine Balance】



★Shock3【Kris Holm Freeride video】


世に広く知られなくても、誰もやらない事に挑戦する素晴らしい人がいる。ハンドルもサスも無いユニサイクル達人方の活動は、自分達のようなMTB山ゲリラに勇気とやる気をもたらす激励に思えました。

お気に召したら応援クリックください。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.214|▲○Report & PlanComment(6)Trackback(0)

Comment

変態!

2009/06/06(Sat)19:48

でも、ちょっとカッコイイと思ってしまう自分がいる…

いずれは、フルリジッドで走ってみたいなと思ったり、思わなかったり。

No.1|by よっすぃ~|URLMailEdit

無題

2009/06/06(Sat)21:15

王滝でも見かけましたよ♪

No.2|by TY#2|URLMailEdit

達人ではありません!!!!!!

2009/06/06(Sat)21:41

紹介していただいたaoringerです。
一輪車はつい数年前に乗り始めたので全然達人ではないですよ~~!
勘弁してくだせぇ。

王滝の人はお友達です。
この世界は驚異的に狭いです。(笑)

達人と言う紹介は大きな間違いだと思いますが、詳しくご紹介いただき有難う御座いました~。

No.3|by aoringer|URLMailEdit

いやいやいやいや^^;

2009/06/06(Sat)22:55

この外人… 頭おかしいでしょう!? www 

凄い人達が居るもんですね><; 山で遭遇したら絶対にビビル自信があります。。。

靴の裏でブレーキって… どんなバランスセンスしてるのだろうか… 

No.4|by NARI|URLMailEdit

興味はあれど…

2009/06/07(Sun)10:50

数年前 MTBビデオの中で マウンテン・ユニサイクルの存在を知り
興味は持ったのですが ハードルが高過ぎて断念しました。
一応 自転車パークみたいな所で 小学生に習いながら練習したのですが…(笑)

No.5|by ニコ|URLMailEdit

耐えるか楽しむか己の勇気を試すべき時あり。

2009/06/08(Mon)10:14

▲よっすぃ~さんへ:
貴殿こそ公で誰もやらない天職を貫こうとしているだろう。公私かかわらず自分の信じた道を歩めるのは、自分だけの人生を創造することではないか。
夏季には地獄猛暑の山走修行が待っている。貴躍動も願いたいところ。

▲TY#2さんへ:
aoringer氏の戦友殿だそうで氏と共に躍動できるのは稀な縁でしょうね。どうか佳き刺激を交歓する同志で有られますよう。ライバルいてこそ共存可能かと継続期待するものであります。

▲aoringerさんへ:
返礼のほど嬉しく思います。氏のその嗜みは極少数なのですから知らず見る者には達人としか映りませんよ。一輪・二輪問わず、たがいに山岳少数民族なのですから、こらからもたゆまずどこまで自由に躍動できるか挑戦していきたいものですね。ありがとうございました。

▲NARIさんへ:
あらゆるツワモノはどこかで己の可能性にかけ、大きな壁を突破するべき機会があるのだと思います。NARI氏も人知れず山修業され、九州山岳超自転車覇者になる日を目指してください。やろうと決心した時から人は変われるのだと思います。

▲ニコさんへ:
以前ガハクさんにトライアル修行には一輪車レッスンがバランス感覚向上に最適ではないかと提案したことがあります。今はDHにだって通用する技を習得できるものと思えてきました。エラーが非常に多いトライということだけは確信できるものですが。

No.6|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :