忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

8/17:第二次ニイタカヤマクダレ総玉砕セリ

2009/08/17(Mon)22:20




8/15奥武蔵岩山縦走に7人集う。有馬山から東側尾根麓まではバラ尾根と呼ばれる。その上部途中1033mピークより駆け下るのだ。前回6/7にクリアできなかった超難関を制覇するリベンジである。真夏に関わらず頂部は霧に覆われたお陰で23度位しかなくこれ幸いだった。
岩上より急降下発進になるが嫌な準備運動だ。しかしここは難なく皆行けた。その200m先にはすぐ「岩壁の如く」の最大難関が現れるのだ。歩いて降りても辛いこの難所を制覇した者はまだいない。どのラインが無難であるか?無理を承知で充分下見し問答をする。




そして自分含め5名が恐る恐る特攻する。が、自分ともう一人は無理目ラインで足止めとなり、また2名が一本背負い状に岩下に放り投げられ玉砕となる。たった1名KUNI氏のみ下方まで到達する。が着地で果てる始末。奇しくも彼は歴戦クリアの第一人者となる。しかし発進から30分経たないうちに勇敢貴兄は山に散った。その勇気は栄誉ものなり。
そこまでに充分過ぎるほど気合いを入れたからだろう。以降は精神の鍛錬なされ、どんなアタックも全く問題無しだった。そして前半皆張り切り過ぎで13:30に林間が開けた北側テラス状の笹野原に漸く着く。ハイテンションで進んだので皆グッタリ食休息...。



そして後半最終分岐で未知の北降りへ進む。しかし超狭コーナーのトラバースが延々続きヤケになる頃、白雲山・鳥居観音に着く。そこからは迷路みたいな参道を辿り、妙なお堂や観音巡りで遠足気分。そして石段続きで腕が痺れる頃漸く下山となる。久しぶりに探索もかねたのだった。
この度リベンジ戦でリピーターは次元高いスキルアップが果たせたようだ。当方も立木に膝アタック転倒したが、歴戦で最も豪快な大転倒大会だった。凸凹DHを5時間近く駆けたので、今頃皆患部が痛むはずだ。打撲しても己にムチ打ち頑張った勇敢貴兄に栄光あれ。

▲(+)=Hi Speed Play

★⇒mtrweb写真記録【Vol.13 8/15:ニイタカヤマクダレ総玉砕 編】
★⇒伴走同志【ジュンイチロウ・チャリ日記】同山リポート
※今回激山Movie記録は完成次第公開いたします。

▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.233|▲○Report & PlanComment(8)Trackback(0)

Comment

チャレンジ精神に乾杯

2009/08/17(Mon)23:01

迷ったら、とりあえずトライという感じでしょうか。
その意気込みが、読んでいて楽しませてくれます。
隊長が回避したにもかかわらず、5人がチャレンジしたという個所、是非ムービーで拝見したいです。

No.1|by 泉の湧き出る森を彷徨う吟遊詩人|URLMailEdit

激山万歳

2009/08/18(Tue)12:10

やっぱ1000m越えると幾分涼しいのですね。でも写真で見るより現場は壮絶なのでしょうねぇ。
僕はロックセクションが大の苦手なので、このお山での動画を教材とさせてもらいたく楽しみにしておりやす。

No.2|by ジタンダ|URLMailEdit

隊長、果敢でした!

2009/08/18(Tue)12:18

今回はHTだったため危険セクションは様子見の予定でしたが、今回隊長が先陣切って果敢にアタックされていたので、触発されて私もフルサスの時の様に逝ってしまいました。
基本は同じだと改めて勉強できた良い修行だったと思います。

No.3|by くに|URLMailEdit

お疲れ様でした

2009/08/18(Tue)13:57

冷静に考えると押して降りるのが正解なのでしょうが、煽り合いの結果挑戦して玉砕でしたね(笑)しかしMTBは経験がモノを言うスポーツです。きっとこの挑戦が実を結ぶ日が来るはずです。来るといいなぁ(笑)

自分の場合は動画見てると無駄にびびってる感があったので、次回挑戦するときは平常心でいけるようにイメージトレーニングしておきます。涼しくなったら再々挑戦しましょう!

No.4|by tos|URLMailEdit

一番のお気に入りです

2009/08/18(Tue)23:58

冒頭のセクション、今回もクリアなりませんでした…いや、他の所も沢山か。

このトレイル、今までで一番気に入っているのですが、それは、ダラダラ走る所が無いからなのかな。
常に先の事を考えていないといけない所が楽しいですよね。

「第三次ニイタカヤマクダレ」まで、コソ練しようかな(笑)

No.5|by Junichiro|URLMailEdit

ハイテンションはバカの素!

2009/08/19(Wed)10:24

▲吟遊詩人さんへ:
当方が最初に激降下でしくじりました。あとの狂人4名は後追い自爆したわけです。「良い子はマネをしてはいけません」...なので皆悪い子です。

▲ジタンダさんへ:
たまたま雲中に入ったので中盤まではクールでした。夕刻4時のゴール地が一番暑かったという。きっと動画ではリアルな恐怖は伝わらないと思えますが、笑ってやってください。

▲くにさんへ:
あの激壁下りはDHでなくトライアルですから、動画見る限りもしかしたらHTのほうが扱い易いかな?と思えるものです。脅威への先入観打破+サスのリバウンド調整が要でしょう。次回はよりスムーズに果てましょう。

▲tosさんへ:
貴殿+Yoshyのような飛び方はもう[2009クラッシャーズ]筆頭です。しかし受け身が良く大事に至らずよかった。次回は貴殿ボディーにプチプチシートをぐるぐる巻きにしてあげますので、安心して逝って下さい。

▲Junさんへ:
次回は漢鬼セクション全てのトップランナー権を差し上げます。貴殿の華麗なフィニッシュを皆で悪魔のように見守ります。狙え!クラッシャーズNo.1。

No.6|by mtrmasa|URLMailEdit

DHよりはTrialですね

2009/08/19(Wed)20:29

よっすぃ~さんの方で動画も見ました。

これは私には無理だったと思います。

No.7|by B型MTB乗り|URLMailEdit

新型山バカ病発症

2009/08/20(Thu)10:32

▲B型MTB乗りさんへ:
当日の各位は勇敢?バカ?紙一重でした。しかし難所クリアの高揚は良き刺激になります。山バカは感染する悪質な病気ですな。貴殿もいずれ発症するんです。

No.8|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :