忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

9/15:夏らしき終盤の奥多摩DHの巻

2009/09/15(Tue)12:43



9/13(日)前日雨に関わらず道は乾き青空の奥多摩山系。勇んで1400m峰を目指し林道を登るが狭いトンネルを潜れば、そこは大崩落地だった...。仕方なく戻り巨岩壁に挟まれた渓谷にて涼をとる。表からは見えないこの清流は人知れずの美観とあらためて関心。
そして代行案での西側山系の御林山(1100m)方向に登り、走り慣れた長尾根を進む。暫く勾配のある山に行き過ぎ、昼食の頂までの7kmまではXCのように思えた。北側の山並には最初に目指したより高い山がそびえ、我らを見下ろすようだった。



そして終盤は「みんなの大好物」クライマックスDH。前回より日が差し前方良く見えたため、かなり調子良く降下する。始終シングルトラックなのでハンドル捌きに忙しい。3kmあまりの激下りだが、自分以外は皆知らない道で新鮮に思ってくれたろう。もう9月半ばなのに、天が延長してくれたような最後の夏らしい山だった。






▲(+)=Hi Speed Play

⇒mtrweb写真記録Vol.15【9/13:夏らしき終盤の奥多摩遊走 編】

★当山ムービー記録は完成次第公開します。

▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.241|▲○Report & PlanComment(4)Trackback(0)

Comment

自然の音楽

2009/09/16(Wed)09:21

「トンネルを抜けると、そこは〇〇だった。」という感じで、始まるプレリュード。良いアングルです。
ちらっと見える人工的なガードレールは御愛嬌。
2枚目の写真も、「さらに奥へ踏み込みと」という感じで、ここからフーガが始まるかのよう。両側に迫る岩がこの後の展開を期待させてくれます。
横の手すりに捕まって、奥深く入り込みたい気持ちになります。

No.1|by 泉の湧き出る森を彷徨う吟遊詩人|URLMailEdit

お疲れ様でした。

2009/09/16(Wed)13:13

久々の山で最初は体が固かったですが徐々に慣れてきて楽しく走る事が出来ました。
これからも宜しくお願いします。

No.2|by kazu|URLMailEdit

夏の終わりに

2009/09/17(Thu)14:27

ごぶさたです。奥多摩方面はたくさんの渓流があるそうですが、そんなところが本当の避暑地なんですよね。僕らは何度方面に行ってもただの河原しかお目にかかれませんよ。今回のお山はなんだかループが派手ですね。

No.3|by ジタンダ|URLMailEdit

地を駆け身に触れる自然のハーモニー

2009/09/18(Fri)01:41

▲吟遊詩人さんへ:
毎度の評価ありがたく思います。貴殿も昨今ド根性耐久隊編成で頑張られ良いテンションを持続されてるようですな。我らのゲリラ活動は「急速さや擬音とともに音の大胆さで聞くものを驚かせる」ようなバロックであります。ただひた走り真理を求め、お互いバカでよかったと思える日が来る、はず。

▲Kazuさんへ:
相変わらずKazu氏のライディングはリズム乗りが良く、他者にも感心されるものですよ。そんな自由になる瞬間を今回も動画記録されています。躍動映像をお楽しみに。

▲ジタンダさんへ:
まさに渓谷は避暑には最適ですが、既に見るからに清流は冷え過ぎ近寄り難く神秘に満ちます。当山終盤は昨今のヒットルートです。同じ時を過ごすのに体験を豊かにするのは自身の能力だと思えます。

No.4|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :