忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

9/30:MTB同志活性考察&晩夏山映像公開

2009/09/30(Wed)00:09



我らはかつて山道探索専門ゲリラで他者活動を気にしませんでした。しかし昨今街に降りMTBシーンを見渡すと、店舗もMTB+部品展示が減り現物を見ず発注する有様。この状況は「学生時分懐かしの自転車部室を訪問したらオンロードバイクだらけで、我らの残すMTBがスクラップで片隅に置かれていた...」という虚しさに等しく思います。

世が自転車ブームに沸くのは喜ばしいこと。軽快な装いで街で目につくローディー族はカッコよさが認識され易く、公道を駆けるので快走路も広く無難に紹介できるのです。しかしトレイルの場合、山の多くは地権者が居り公私所有権も分からず、A山・B尾根などスパイの暗号発信のごとく紹介する始末なのです。
遠方有志の話では「京都は外野の批難がうるさい...九州では低山ばかりで駆ける山が限られる...」など地域特有の悩みも聞かれます。しかしそれでは余計に「何処でどのように駆けるか」一般に認知され難いと言えます。時よりトレイル情報希望の方に応対しますが、山を彷徨うリスクは負いたくないようです。そして近頃仲間から「なんでこんな楽しいこと皆やらないんだろう?」と客観的な問いもあり、併せた答は「トレイルライドに関する情報公開が少なすぎる」に帰結します。



先日記事での[MTBツーリングブック関東版:山サイ研・編]は91年発行で絶版ですが未だにこれ以上詳しい本は出版されず、また出せない時勢になっています。定価2000円位でしたが現状Amazon出値は3500〜8000円と驚くばかり。これでは独自でトレイル情報を得るのに過大なコスト・労力が掛かり、需要に供給が事足りず今のMTB族がいかに情報弱者であるかという状況の証であります。

自分達に出来る事といえば、ここ1年半でネットを通じ新たに知り合った20名同志に10山程度快走トレイルを伝えたこと。そしてその度に記録映像を作ったこと。双方通して「乗っても降りても2度楽しめるのはMTB族だけの特権だ」と理解していきます。
映像に関してはただヘタウマ記録保存の意図だけでなく[ド素人は山でこんな風に駆けます的プロモ]として未体験青少年の興味を煽りたいと願い、同族復興への期待を込めております。


【Stream & Loops】 2009.9.13

⇒640×480VGA Big Size



従来の特定グループだけの活動はともすると[自分達だけ生き残りゲーム]に陥りやすく有益な交遊・情報取得機会を逃します。私達は絶滅危惧種なのですから未知の方との交流交歓が同志復興の要だと思います。これから山走の最適季節であります。部屋の片隅で愛車を「床の間シン」にして居られる貴兄様も素晴らしきお山で躍動されますよう。そして伴に交歓できる機会に恵まれますように。


▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.246|▲○MOVIEComment(9)Trackback(0)

Comment

無題

2009/09/30(Wed)03:31

臨場感溢れるmovieを堪能させていただきました。

弊方も精進せねばと思いました。。。

No.1|by Canada|URLMailEdit

無題

2009/09/30(Wed)12:25

お久しぶりです。

お元気そうでなりよりです。

心中お察しいたします。

ロードの勢いは間違いないです。
自分も乗り換えてしまった一人ですが・・・。
MTBを都内で開催できるイベントが
もっとあれば、山にも繋がるんではと・・・。

自分自身は今でも悩んでいます。

MTBの楽しさ、装備の充実さなど魅力が沢山あります。

ロードはシングルギア、ピスト、レーサータイプ、街乗りと多目的にあり利用されやすいのと、安いものであれば維持費があまりかからないのも魅力でしょうか。

しかし、時代の流れは確実にやってきます。今の流れは変えれないと思いますが、反動や山でのRUNやトライアスロンのブームの来ているので、トレイルライドの復興はきます。

生意気ながらご意見させていただきました。

僕はBMX,MTB、ROADと自転車が大好きです。

貴殿の活動を心より応援しております。

長々となりました。失礼します。


No.2|by totti|URLMailEdit

トレイルの楽しさ

2009/09/30(Wed)23:14

既存のメディアはこれを正しく
伝えられて無いんじゃ?
@昨今のMTBシーン

我らは見た人が羨ましく思う位に
山で楽しみましょう!!

それを見せる事がトレイルライド
の未来を明るくすると信じて!!

No.3|by やま3'nn|URLMailEdit

無題

2009/09/30(Wed)23:19

相変わらず素晴らしい編集です!
動画見る度にまた山に行きたくなります!

No.4|by kazu|URLMailEdit

トレイルを楽しくRe.

2009/10/01(Thu)10:50

やま3'nnさんに全く同調!

我らは観た人がうらやましく思っていただけるように
山で楽しみましょう!!!

No.5|by G|URLMailEdit

潜在的な需要に期待

2009/10/01(Thu)11:08

80年代の頃、自分はMTBに憧れていただけで、実際に乗ってはいませんでした。
山でも、MTBに会うことはほとんどありませんでした。
でも今では自分も楽しんで乗っています。
山で出会うMTBも増えました。

当時メディアといったら、サイスポぐらい。
でも今は、インターネットのおかげで、情報の送り手と受け手が多様化しています。
時間はかかるかもしれませんが、このようなブログ等を通じ、もっとMTBの遊びの楽しさを知ってくれる方が増えることを自分も期待しています。


No.6|by 泉の湧き出る森を彷徨う吟遊詩人|URLMailEdit

己を活かすべき価値創造

2009/10/01(Thu)14:21

▲Canadaさんへ:
貴殿地域の難儀な入山事情を思い出しましたよ。しかし地図に載らぬ道は念入りに探せば意外と在るものです。貴隊の秘密基地(秘密トレイル)を開拓拡張し、バリエーションのある映像記録を展開してくださいよ。貴BLOGも運営順調で押しつけた甲斐があります。面倒くさいことを継続することは自身を良い軌道に歩ませる元です。

▲tottiさんへ:
この頃オンロードでは多摩川CR等で人身事故発生など聞かれますが、上達した気になって過信する輩も増えたのでしょう。ON/OFF共に他に与える影響を考え、持つべきモラルアップは重要ですね。相互に豊かなサイクルライフが過ごせるよう知恵や技量とも並行進化していけますよう。

▲やま3'nnさんへ:
この良き山走文化を継承させたいという人は必ず多くいます。その意志を各々行動に換えれば同志交流も活性するでしょう。既存メディアなどあてにせずとも、このネットの世界は個々の意志で必要な情報を選択し行動を起こせる「市民社会」が成立してます。貴殿も神奈川山バカ連合成立するべくアホ度合い全開で情報交流してください。

▲kazuさんへ:
30年後に爺さんになった時にきっと誇れる記録になりますよ。未来の楽しみまで考えて活動すれば、己を制し歳を重ねても頑張れるかも知れぬぞ。自身を活かす体験の質量が豊かになるように面倒な作業を当たり前にしていけばいいのである。

▲Gさんへ:
スポーツサイクルを始めるきっかけは大抵スタイルから入りますから、もう動画訴求でスタイルオブパワーを示すのが感覚的で一番適切です。自分達も先人のマネから始めたのですから、10年前では有りえなかった文明の利器を活用すべしであります。Gさんも弊企画のお山に出頭くださいよ。

▲吟遊詩人さんへ:
山走願望持てど行動に移さぬ割合も相当いるはずです。この嗜みの意義を身をもって理解すれば山中で急性山バカ病が発症してしまった「某・吟遊詩人さん」の実証もあります。
その狂度はやりたい願望の「溜め」期間に比例します。「利害が無い行動にこそ純粋な喜びを感ずるのだ」と自己改革したのであります。これこそが我活かす道と思うなら、新生山バカサンプルになるべく貴BLOG開設するだな。記録を残さねば自己満足の消耗なり。

No.7|by mtrmasa|URLMailEdit

無題

2009/10/03(Sat)23:09

登山者の中には、少数ではあるけれど、山を自転車で荒らすんじゃねぇ!と思ってる方達がいると思います。
基本的に荒らしているのは、多数派の登山者だと思うのですが、自転車は目立ってしまうので、客観的な検証もなしに批判の対象になってしまいます。

確かにMTBのブームの頃には、ライダーの中にマナーの悪い者もいたように思います。
あまり一般的でない趣味の場合、一部に悪い者がいると、その趣味全部が悪く思われてしまうのが世の常。

少数派は、何よりもマナーに気をつけないと先は無いですよね。
極超少数派の山一輪車乗りの私も山を娯楽の対象としている他の方に迷惑のかからぬように気をつけています。

・・・・と言っても、実際は何をしても一輪車なら相手にされませんが・・・。(笑)

ブームになると、どうしても不埒な連中も生じてしまうので、貴殿のように地道な活動によって、マナーの良いライダーが着実に増えていくことを願っています。

なお、山の丸太の階段を自転車で走るなと登山者から注意を受けたことがあります。階段へのダメージが大きいとのこと。歯槽膿漏状態の階段は明らかに登山者のせいだとは思いますが、確かに一理あるかも知れません。
貴殿の写真にあったので、ちょっと気になりました。

No.8|by aoringer|URLMailEdit

自我の制御の難しさ

2009/10/05(Mon)11:09

▲aoringerさんへ:
ご無沙汰ですが貴隊ツアーも活性なようでなによりです。一輪で御前山DHも驚くものですよ。
さて登山・トレランが流行り出して古参方もモラル低下に思われる御仁もきっといることでしょう。人が集まればやはりマナーレベルを上げるのは難しいですよね。なので自分達はハイカー遭遇が無い山系を選ぶ傾向にありますが、貴重な遊び場を大事にせねばなりません。
aoringer氏隊が高貴な山忍者で躍動されること願っております。

No.9|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :