忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

7/26:【山ガール】における待望論と社会学

2010/07/26(Mon)00:00







昨今女性に流行したフワフワした服装スタイルの「森ガール」ブームが落ち着き、それに続くよう「山ガール」が増える兆しあり。それは従来のアウトドアブランドだけをまとう女子とは違い、ストリートカジュアルとアウトドアアイテムをコーディネートするという。森から山へ向かった彼女らの動機を【日経ウーマン「山ガール」始めました】から抜粋してみると、
▲どうやら1000m以下の低い山もたくさんあるらしい。
▲スニーカー山と呼ばれるような、軽いハイキング気分でいける山も。
▲山の近くには、温泉があるところも多く、美味しいお店もあるらしい。
▲女性向けのウエアが、カラフルでオシャレになってきている。
▲日帰りで3時間くらいのコースなら、荷物も比較的少なくて済む 。

要約すれば[お洒落で気軽に健康的]につきるようだ。先月御岳山ケーブルカーにてそんな山ガールらしき御一行がいた。それは[4月に街で見る新卒社員]のように落ち着きが無く、山の恐れを知らぬ雰囲気であるが、その健全さには好感が持てたものだ。
その傾向に先立ち一年前位からランドネ等アウトドア・スタイルマガジンが次々と創刊され、一般紙の特集も増えている。「お洒落な山ガール急増!スカートにレギンスで登りたい」「街でもアウトドアスタイル」...などと煽り、関連アイテムも豊富に紹介されている。





そんな兆候も意識せず、先日に小川町スポーツ用品街に行ったが、登山用品店はフロア大拡張も見られ客入り盛況。パタゴニア直営店なども出来ていた。店のはしごでもずっと同行する山ガール予備軍がいた。そんな攻勢にマリンスポーツ店はどこへ行ったかと思ったくらい。目当てのリュック類も10年前よりも膨大バリエーションが有る事に驚いた。
もはやブームを越え多様な層に支持される[登山・トレッキング・トレラン]の大需要に従い、必要とされるブランド・アイテムの品質・機能は向上しユーザー層に確実に認知支持されている。そしてよりライトな仕様は薄く丈夫で動きやすく、多くのスポーツサイクリストにも重宝されているはず。



そこで昨週末、専門職人【ハリウッドランチマーケット】デザイン担当の当方実弟にアウトドア系にまつわる時流を聞けば、かなり前からスポーツ・アウトドア系アイテムは街着としても浸透しており、特にFUJIロックなど野外コンサートに通う層にはアウトドアウェアが天候変化に対応しやすく定着したという。彼らには意外と高価なゴアテックス・マウンパやトレッキングシューズなどが人気で本格志向があるらしい。

このようなムーブメントに自分が期待するのは流行製品購買力の高い若年女性が「山ガール」となり、遊ぶべきシーンで乗れるMTB需要に繋がるようにと考えるから。女性におけるブームは世に一番伝わり易いのである。その影響で男女隔たりなく需要拡大すれば業界も多様車種・機材開発をするに違いなく、我々がMTBの少ないショップでショボくれる事も無くなるのである。





また広範マーケティング視点から↑年季入り山ガール様方は、流行に先んじて登山用品購買に多大貢献していることは間違いない。そのうえデジタル一眼と三脚を抱えて眺望・紅葉など撮りまくる姿をよく見かけ圧倒されたものだ。そんな登山ブームのお陰で首都圏の山道整備は進み快適化したことも確かである。
そして家族の関係性において、父・息子とは違い母・娘は買物同行が多く友達化するのだから、趣向の影響もされ易いはずである。なので我々が山で出会うお母様とお父様にも健全な印象を与えることが肝要。「爽やかに挨拶、優しく対応」そんなことが「娘のMTB要求に反対しないこと」に繋がる重要な行動なり。



以前山頂で我ら愛車に興味示す↑壮年紳士に乗って頂いた事がある。それは大そう喜ばれたが、山ガールでも同様以上だと思う。オンロードではこの様なシチュエーションは有り得ないこと。見知らぬ人と挨拶交わせることが登山においてコミュニケーション最大要点であろう。その利点を活かし同志方もMTB啓蒙を繰り広げて頂きたいもの。そんな積み重ねが社会においての理想的な意志循環に繋がる。我らがもっとハッピーになるには理解者を増やすしかないのである。
そういった時流を自分も意識し目指せ[山ボーイ+α?]で夏山ウェアを一新購入してしまった。どうか山ガールさん伴に我々の味方に成るべく方々が増え、マウンテンバイクを沢山買ってもらえますように。



▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

PR

No.330|▲○Report & PlanComment(8)Trackback(0)

Comment

無題

2010/07/26(Mon)10:10

山でかわいいくおしゃれでちょっと自信なさげな山ガールと遭遇して休憩が増える事を期待します。

No.1|by kei|URLMailEdit

女史が増えれば

2010/07/26(Mon)11:17

里山ライドもより一層多様化して楽しくなりそうですな。

まずは肉食系女史をお招きして、更にワイルドになって頂きたい。

そして、里山のあちこちでアマゾネス化した女史に草食男子小突かれている様子が見られるようになります。

そうして、天敵から逃れるために草食男子はカモシカのごとくMTBに跨りオフロードを走っていくのであります。

ちょっとストーリーが違うかな・・・。

No.2|by ペックル|URLMailEdit

無題

2010/07/26(Mon)19:43

内装ギヤでベルトドライブの本格的MTBが登場すれば、メカオンチの女の子にも受け入れられやすいのでは、クロマグ×シマノに期待しましょう

No.3|by こうた|URLMailEdit

我らの活動がより認められるように。

2010/07/27(Tue)16:06

▲keiさんへ:
では貴殿もなにげにお洒落して、また粋な会話で、
旧・山ガール担当でお世話して欲しいぃ。
まあ未知の方への好意的コミュニケーションを
心がけたいものだね。
どんな出会いでも笑顔あふれるように。

▲ペックルさんへ:
酔っぱらってコメント書いたな。
まあ貴殿は御夫婦で山に来たときに限って、
山ガールに囲まれドギマギするような
楽しいツアーを希望ぅ。そしてカッコウつけて
貴殿が崖落ちすることも想像するとマッチだな。
しょせんペックル人生は、コミックなりよ。

▲こうたさんへ:
機構関連はやはりネックでしょうな。
いじり・担ぎ・爆走できる女性は元祖・超山ガール
「食べ過ぎたので...み」さんしか居ないなぁ。
彼女にはニューカマーをリードしてほしいんだがね。
こうた氏は優しい男なのに、
なりが熊だから怖がられるで笑。
だからぬいぐるみみたいに、
手足前出しで、座り、首にリボン付けて、
いつも笑っていて欲しいぞ。

No.4|by mtrmasa|URLMailEdit

まさか・・・

2010/07/27(Tue)22:53

隊長っ!
後学の為とはいえ、これらの雑誌買ってませんよね?(笑)

No.5|by ナタジゴ|URLMailEdit

うっわー!違いますよ~~

2010/07/28(Wed)00:55

こんばんは。食べ過ぎですw

えっと、「いじり、担ぎ、爆笑」のところで訂正がございます~
私、「担ぎと爆笑」はある程度できますが
「いじり」はまったくダメなのです(汗)

なので山で自転車壊れたら、担いで降りるしか方法はありませんw

No.6|by 食べ過ぎ|URLMailEdit

優れた山バカの見本になりますよう。

2010/07/28(Wed)10:00

▲ナタジゴさんへ:
広告取扱のうえ職場には多く掲載誌が置かれる。
そのなかでアウトドア特集を見かけるようになった。
それらは始めはカッコからという成りたちで、
MTBも同様だったろう。
閲覧者には生活上の革新に映るんだよな。
貴殿もお山では紳士であられますよう。

▲食べ過ぎさんへ:
貴女様は同性後進を育成できる経験値があるよ。
貴愛車のトップチューブ塗装が摩耗し、
地金が光るのを見て、こんな女史はいないと感心したよ。
泥まみれが基本なんだから、
もう普通の娘さんに帰れないだろぅ。

どうか世の女子に山走り醍醐味を伝えつつ、
心身若きは思い切り遊ぶ事。
「私が山バカの見本よ!」と誇る
山の女王化を希望いたす。

No.7|by mtrmasa|URLMailEdit

用語のオシャレ化も重要ですね

2011/02/25(Fri)08:01

初めまして。
「スカートにレギンスで登りたい」的な格好が流行っていると山歴の長い祖母(73)に話しましたら、若い頃に短いズボンに色のついた長い脚絆が登山のオシャレだったと言っていて、流行は巡るもんだと思いましたね。
ただ、スタイルは似ていても言葉が横文字になって軽やかですが。

No.8|by kuma|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :