忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

10/21:ヘッドカムGPS戦国時代到来

2010/10/21(Thu)00:00

2ヵ月前【8/23:ヘッドカム試行錯誤セレクション】記事を書いたにも関わらず、もうGPS機能まで備えた機種が続々とリリースされてきた。機種選択の幅が広がる事は良いのだが新機登場ペースの速さに戸惑うばかりだ。冒頭2品はヘッドカムではないが革新的ニューカマーで凄いと思えた。



EXILIM EX-H20G
とうとう出たかのGPS+マッピングモデル。Casio EXILIM EX-H20GはハイブリッドGPSと内蔵地図データにより位置情報を本体地図上に表示可能。世界地図データ+約1万点の観光地撮影スポット+約100万件地名情報を収録。これがあれば従来の高価なGARMIN Mapナビは不要になるかも知れない。広角24mm/光学10~15倍ズーム/1410万画素。
⇒【Casio EXILIM EX-H20G】(11/26発売;Kakaku.com最安39,800円)

GARMINユーザーの⇒【syg雑記R2:シゲピン氏】考察
ログ・現在位置確認だけで使うならこれでOK。Garmin ForeAthlete,HOLUXなどのGPSロガーとカメラを運用しているなら十分代用になる。GPSをハンドルマウントして、サイコンとして走行中も操作する/速度・高度などの情報を確認するなら、カメラと別の方が使い勝手が良いと思われる。登山道などでは走行中にハンドルマウントGPSの画面を見ることは少ないのでオンロードや林道では便利。




Sony Bloggie Touch
ソニーは初代Bloggieに追い次世代の8GBメモリー内蔵HDカメラ Bloggie Touch MHS-TS20Kを発表。3intタッチスクリーンにUSBプラグ搭載で12.8MP静止画とフルHD動画撮影が可能。4倍ズーム/オートフォーカス/10cmのマクロ撮影そして360度パノラマ撮影も可能。動画でも4時間動作というスタミナも魅力的。初代と違いボディを横位置でも撮れるのでメットカムとして活用できる。ここまでスタイリッシュに出来てなぜウォークマン機能を組み込まないのかと惜しまれるところ。
⇒【sonystyle USA:Bloggie Touch】(US10月発売:8GBモデル$200)




Rampant View+iPod Nano
第5世代の動画録画機能を備えたiPod Nanoとラバーマウントを一体化させヘッドカムを実現させるキット。VGAサイズしか撮れないと思われるがサンプル見る限りなかなかキレイに撮れる。(最新Nanoは動画撮り不能)組合わせアイデアとしてはシンプルでよい。自分はコンデジをヘッドカム化してるのでこのラバーマウントホルダーだけ欲しいもの。
⇒【Rampant View】(Rampant View+iPod Nano=$34.99)




CatEye INOU GPS Camera
サイクルメーターで有名なCatEyeがGPSカメラを発表。撮影した道程ロギングが可能なムービーカメラはこれまで無かった。まだスペック詳細は不明でレンズ角が回転できるか分からず、ヘルメット頂部かハンドルマウントになるのかも知れない。この国内メーカー初アイテムのパフォーマンスに期待したい。
⇒【Interbike:CatEye INOU GPS Camera】(2011年春発売:価格未定)






Gobandit GPS HD
ドイツメーカーGobanditからも本格的GPSカメラが登場。最先端のGPS技術は高度も記録し、PCにて地図上の位置を確認できる。またアクションでの間隔5秒でキャプチャ録画できる。国内販売は無いようだが海外通販で入手できる。
Technical Spec
GPS Accuracy: Speed: +/- 0.3km/h, Altitude: +/- 15m
GPS: 20 channel low power sirfSTAR III GPS receiver
HD 720p (1280x720 pixels), 16:9, 30fps and SD 480p (640x480)
Size: 105x62x34mmWeight: 145g/Waterproof: 1m depth for 30 minutes
⇒【Gobandit GPS HD】(£299.99)





Contour GPS
Contourシリーズは3代目となりGPS機能付きの確実なバージョンアップを果たした。基本仕様はContourHD1080p(1920x1080・30fps/1280x720・60fps)と同様。これまでのGPS機種のうちHDサイズで60fpsが撮れるのはこの機種だけである。GPS機能は秒間位置記録を自動的にロギングしていく。この機能で移動速度が分かり活動派には有効なデータ活用ができるだろう。
Technical Spec
GPS captures beautiful1080p video.It utilizes a 135° wide-angle
Full HD 1080p (1920 x1080 @ 30 fps) HD 720p (1280 x 720 @ 60 fps)

▼動画再生で同期ログデータ閲覧(右図○にカーソル当て左画面クリック)


▼拡大版でリアリティがある高度遷移も確認出来る。
⇒【ContourGPS:Movie+Log Sample】(国内販売未定:US価格349ドル)


前回ヘッドカム記事ではDRIFT HD170に一番興味を持ったが、HD720Pモードは30fpsでContour GPSの60fpsよりも画質が劣ることになる。そしてGPS機能が着いたことで強力なアドベンテージを得たと言える。正規代理店販売では5万円近くになるだろうが海外通販なら3万円位で購入出来ることだろう。しかし現状では取り上げたモデルはCCD/Cmos+レンズ性能が優れるHDコンデジ画質を越えられないでいる。我流自作マウントセットは安定が悪いものだが高画質は捨て難い。

機材進化を追うごとにここまで来ればGPS+手元操作ON/OFFリモート+超高画質モデル登場を期待するものである。デジタル機器は新機投入タイミングが早く掴みづらいが、要は導入次第使い尽くす事。それらテクノロジー体得者の活動形態が進化する事も確かであろう。お山動画党の同志方にとっても有効な購入チャンスに恵まれますように。



▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.354|▲○Report & PlanComment(4)Trackback(0)

Comment

進化が早いですな

2010/10/21(Thu)06:38

どれも見ていると欲しくなってしまいますな。個人的にはヘルメットサイドに着くモデルが好印象。ゴーグル無しでもできるアタッチメントが欲しいところです。

No.1|by ペックル|URLMailEdit

進化についていけません。

2010/10/21(Thu)08:16

GPSですかぁ。なかなか新しい物の操作方法が覚えられません。すっかり置いてけぼりです。

No.2|by akiba|URLMailEdit

無題

2010/10/21(Thu)22:23

僭越ながら考察載せていただきました。
私自身の現在の装備だと、ソフトを駆使しないと、Google MapとPicasaを連動させることができなかったのですが、このような機材と合わせて使い勝手が改善されていくことで、新たな使い方が発見できるのかもしれません。
使い人次第、ということになるのでしょうか?

No.3|by シゲピン|URLMailEdit

誰かが実験台になればOK

2010/10/22(Fri)10:35

▲ペックルさんへ:
貴方様は高画質Xactiを持っておるので、
それに「しらけ鳥」のぬいぐるみを被せ、
http://file.mtrweb.blog.shinobi.jp/sirake.jpg
リュックのショルダーに設置し山並み駆けるだ。

▲akibaさんへ:
GPS取得データ等処理するのは面倒なので、
機材とも感覚的に扱えるアイテムが増えればいいな。
機械も体も使わないと錆びるので、
コンスタントに山活動にも挑まれたし。

▲シゲピンさんへ:
考察感謝。デジタル機器というものは進化するごとに
ことごとく従来品を無力化してしまう。
貴殿所持アイテムも無価値となった物もあるだろね。
行くいくは首都圏山系データベースを構築したいものだな。

No.4|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :