忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

12/13:奥多摩・落葉巡視道快速の巻

2010/12/13(Mon)14:50











12/12紅葉も燃え尽きた奥多摩山麓渓谷から目指すは1085m峰。今回賛同勇姿はYoutube経由コンタクトの【chapio氏】/弊Blog直コンタクトの【サイクロン氏】【までぃ氏】【あさまさ氏】【E.T氏】との計6名。皆さんごく最近お声掛け頂いた有り難いご縁である。所詮マウンテンバイク族はマイノリティ。友達の友達は...的な見えない繋がりも多々あり。その世界は狭い。

登山口ではまた見知らぬ車ドライバーから声を掛けられ、そのMatto氏も当方Blog&ムービーの閲覧者だという。降りて来ては積極的に挨拶会話頂く。その米軍基地フライトエンジニア様とはいづれ日米山岳合同演習をしようと条約締結。別れ際にアメリカは渋らないでF22ラプター売れよ!と当方から詰めよれば、笑いながら困っていた。









登山途中では大岳方面から迫るトレラン大会が開催されていた。それでは鋸山方面に行けないので仕方なく眺望地で食事をしながらランナー通過を待つ。そこは素晴らしい景勝で紫外線激しく初冬と思えぬ暑さだった。
その登坂中盤からは1.5時間位で登頂するが夏期と違い眼下に広がっていた藪は失せている。もうありのままの激降下脅威が丸見え。初めからアッタク連続で皆さんのクソ度胸を確認し落下していく。道程は登山道でないので木段も無く整備もされず、そのワイルドさがよりエキサイティングさを増す。









あらかじめ説明もせず「このルートは非常に傾斜が強くテクニカルだ」と一番きつい所で悪魔的に通告。しかしそれも大丈夫そうだと思えるほど各位様見事なファイトを披露したからである。
やがてアタックも増すと各位ヒートアップし、大前転しMTB降ってきたり、立木激突でヘルメット大破したり、ズボン破いたり。しかしそんなことさえ苦にせず弾け狂走して往った。本日走行距離21km。皆体は大丈夫だが、精神は確実にいかれた...。心地良い刺激が日常の善きカンフルになった。まだナマちゃいないと自ら励ます事も必要な事。夢中のなかに魂の開放あり。皆がそういう気持ちに成れたような無邪気な尾根縦走だった。


⇒mtrweb写真記録【12/12:奥多摩・落葉巡視道快速 編】


▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

PR

No.364|▲○Report & PlanComment(7)Trackback(0)

Comment

ありがとうございました。

2010/12/13(Mon)19:15

昨日はお疲れ様でした。
そして、楽しくきついコースをご案内いただきありがとうございました。
おかげで、最後には腕がパンパン、ズボンの裾は破れてるしでやりきった感で満杯でした。
久しぶりに興奮した山下りでした。
これでまた病み付きになってしまうかも???
これからも宜しくお願いします。

一緒に行った皆さん、お疲れ様&ありがとうございました。

No.1|by サイクロン|URLMailEdit

山サイ最高!!

2010/12/13(Mon)20:05

お疲れ様です。
昨日のトレイルは、本当に面白くて満足出来る山下りでした。
今日目覚めたときには、山サイに行きたくてウズウズしちゃって気持ちを抑えるのに大変でした(笑)

参加した皆様、お疲れ様でした。

No.2|by chapio|URLMailEdit

お疲れ様でした

2010/12/13(Mon)20:41

エキサイティングなコースを案内頂有難うございました。
chapioさん同様こちらも朝から大変でした(笑)
皆様お疲れ様でした。

No.3|by までぃ|URLMailEdit

無題

2010/12/13(Mon)20:59

またヨロシク!

No.4|by あさまさ|URLMailEdit

無題

2010/12/13(Mon)21:47

凄く良い所だぁ~!
自分は昨日洗濯機4回廻してクタクタでした。
隊長、ニカラグア共和国でも頑張って下さいね(ノД`)

No.5|by ナタジゴ|URLMailEdit

お疲れ様でした。

2010/12/14(Tue)08:02

刺激強すぎー!
装備を整えてから、またチャレンジしたいです。
ありがとうございました。

No.6|by E.T|URLMailEdit

未知の刺激は新たな活力になりし

2010/12/14(Tue)10:12

▲サイクロンさんへ:
健常健全でいるのにはリラックスよりも刺激が必要らしいです。
時には乱降下も気分転換になるのでせう。
また魔境へ往かれ新次元の楽しみを見つけられますよう。

▲chapioさんへ:
さすがクルト同志の影響で、狂うと冴えるたちのようだった。
無我夢中の時は人の心を洗うよ。
ストレスもジレンマも山に捨ててくるのだからね。

▲までぃさんへ:
当初予定尾根よりもハードだったでしょうが、
ご自身が望むべきアクティブレベルも
あらたに見えて感じたのではないでしょうか。
未知の経験を経て善き嗜みの継続が叶うと思います。

▲あさまささんへ:
思いのほか皆さんでスパーク出来たので
あっちでガッチンこっちでゴッチン
乱雑スマートボール隊でしたね。
一番楽しんでまた死んだのは、あさまさ氏でござい。

▲ナタジゴさんへ:
貴方は親切な人だから裏山のヒッチコック峠から
下山してくる方々の洗濯までやるべきなんだ。な!
貴殿参加なら間違いなく全身すりおろしリンゴだったでせう。

▲E.Tさんへ:
かの道は登山道でなく温暖期は大藪で先が見えず
かえって恐怖ありなのです。よって当山コンディションは
来歴最高でした。また秘蔵の遊び場をより拡張しましょう。

No.7|by masa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :