忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

2/24:【中華製MTBペダル品質進化形】レポート

2015/02/24(Tue)07:34

自転車製品は今やほぼアジア圏製ということは周知の事実。完成車・フレームの場合は梱包ダンボール表記で美利達やPACIFICだとか生産拠点がわかるけれど、取付パーツ自体は台湾・中国・ベトナム等を上手く使い分けているようだ。そのようにクルマと同様で輪業は完全にグローバル産業になっている。その中でも今回は日常街乗用ペダルを探してみた。かつて中国本土製のものは5年位前でも派手すぎ造形・カラーで毛嫌いしたものだ。しかしまた▶Aliexpressにて厳選してみると以前ほど酷い物は減りその技術進展に関心したもの。
そのなかでの詳細解説によると日本工業規格クリア製品もある。高級パーツを為替変動に伴い安くも調整しないのは国内代理店仲買の怠慢だと思うが、消耗品のペダルに一万円以上かけるのは日本とアメリカ人位ではないだろうか。独自判断だが以下に廉価良品質そうなモデルを抜粋選択してみた。まだ日本国内に出回っていない物ばかりだが、各製品はOEM関連でモデル名が別称であったりするので、US $:円のみ表記で各セラー製品ページにリンク。日毎為替変動のため参照程度に閲覧頂きたし。


▲US $29:3,592円


▲US $22.40:2,775円


▲US $38.98:4,828円


▲US $35.09:4,346円


▲US $37.33:4,624円


▲US $39.98:4,952円


▲US $25.35:3,140円


▲US $52.41: 6,483円


▲US $35.33 : 3,137円


▲US $33.12 : 4,102円


▲US $21.93:2,716円


▲US $13.99:1,733円


▲US $34.99:4,334円


▲US $19.23:2,382円

結局当方が購入したのは↑この最後のSCUDGOOD SG-12Sというモデル。数ある取扱セラーの中で最安値2,382円だが最高価格との差は倍も違ったりするので驚く。これは街乗り用なので軽量で良いのだが、下り系トレイルだと流行る薄型ペダルは自分の乗り方と体重ではアクスルが細くか弱いと思える。そこは強度のあるクロモリ製が必須である。



後で気づいたが上記(左)▲US $52.41: 6,483円製品と選んだ(右)▲US $19.23:2,382円製品は同メーカーで軸周りボディが同一だということ。踏むプレート形状のバリエーション違いで3倍価格になるのはデザインの工夫の成すところか。よく見ないと分からないポイントだろう。
現況では為替円安になっているためか以前よりも欧米系通販Wiggleなどの利用者は減っているように感じる。それらの扱う製品でさえ中華圏製なのだから原産国通販のほうが安いに決まっている。刻々と変化していくメーカー技術進化と市場展開をまた注目していきたい。
※なおAliexpressの利用方法は慣れれば容易だが▶自転車パーツの海外通販情報局・アリエクスプレスでの購入方法を参照頂きたし。


▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



PR

No.524|▲○Report & PlanComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字