忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

5/8:Mt'FUJIメモリアル+現存最古映像

2008/05/09(Fri)11:33

▼2002.5.3 
020503
▼2002.10.13 
021013

次回富士山エリア行で必要なMapファイルを探したところ、懐かしい記録も残っていました。我らがこのエリア探索を始めたのが2002年5月3日とあります。当初は朝霧高原から鳴沢を彷徨うXCだけだったのです。
しかしそれでは飽き足らずやがて走行可能な登山道を求め挑むようになります。そのスケールに惹かれシーズン3度も通い、また同行者も増え10人のうち4人パンクで1時間タイムロスなんてこともありました。

▼2003.5.3 
030503-1
030503-2
030503-3

▼2003.9.13 
030913-1
030913-2

そして2003年9月13日に富士宮・御殿場ルートを知りはじめて東側を下ります。導入部ではこんな所から果たして降りれるのかと不信ながら発進します。溶岩砂礫上では樹木などの比較対象物が無いため必死で駆けても速度を感じません。転倒激痛で初めてその速度が分かるという具合でした。そんな感じでこれまで骨折1名・打撲2名と負傷者も出てくる始末。

▼2003.10.12 
031012-1
031012-2
031012-3
031012-4

しかしながら通うことをためらわぬ冒険的魅力のある不動の聖地に成って行きます。以下動画は2003年10月12日に撮った映像。なにしろ100万画素標準の頃でその荒さは時代を現わすものです。
▼2003 DH(カワ氏)
彼は飛ぶつもりもなくジャンプして戸惑うのです。


▼2003 Jump(オレ→ナカジ氏→カワ氏)
皆XC車で飛んでました。ほんまアホですよね。
同地点で後年飛びすぎで私が強打撲にて果てました。


▼2004.5.15 
040515-1
040515-2

▼2005.8.14 
050814-2
050814-1
050814-3

南東側には村山口という平安末からの最古登山道が整備され2005年に復活しました。前回紹介グランドキャニオンは雪解け水に浸食された絶壁で、数回噴火によってできた成層火山である地層が確認できるようです。
また富士の雄大さに包まれ、生命漲る巨木にパワーをもらい快活に巡りましょう。

050814-4

▼お気に召したらクリックください。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.125|▲○Report & PlanComment(4)Trackback(0)

Comment

無題

2008/05/09(Fri)12:58

やはり、Discが必要ですね!
Vでは、無理でしょうね?

No.1|by huckysack|URLMailEdit

無題

2008/05/09(Fri)18:51

こんなのを見せられると、よけいに行きたくなりますね。。。

No.2|by Canada|URLMailEdit

無題

2008/05/09(Fri)19:46

Mt.Fujiあこがれでした。
ぜひご一緒したいです。

No.3|by casa|URLMailEdit

ご返答遅れました。

2008/05/15(Thu)12:49

huckysackさんへ:
5年前までは全員Vブレーキで下ったのですよ。その頃はDisc効果を全く無視で無謀な時代だったと思います。

Canadaさんへ:
名古屋辺りからだと即時参戦してもらえるのでしょうが、富士山天候は本当に変わりやすい。梅雨も近く夏実行になりそうな気配でございます。

casaさんへ:
別ルート2本下りは無茶なプランですが、参戦の際は相当な覚悟を願いたし。

No.4|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :