忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

12/3:電撃DH2ルートリポート

2007/12/03(Mon)00:44

12/1にKawano偵察隊員がOT山系の核心ルートを徒歩下りで自主探索慣行してくれました。私のハイカー参考抜粋分ともにルート概要リポートを御覧ください。

[ゴールド・ルート]Mr.Kawanoリポート
ko1
1.スタート鉄塔から次の山三角点までは爽快な落葉フカフカ下り。登返しは頂上直前の1回のみです。
2.経由三角点からはブッシュが続き、ここは誰も来ない廃道だなと思うが、こんなに続くわけないと予想し行ってみるとすぐに開け、うほほいな下りが待っていた!
3.ハイカー未踏の隠れルートのため道程は荒らされず、落葉が敷かれ走り心地は抜群。度胸試しのアタック降下3回含めて野性味あふれる激下りの連続。高速上級心臓破りルート!
4.とにかく馬鹿ヤローメンバーなら狂走必至ですが、油断すると怪我する覚醒ゾーンであることは間違いなしです。
ko4
ko6
ko15
ko18
ko20


[アイアン・ルート]ハイカーサイト記録より抜粋
te6
1.上記ルート経由三角点までは同じ。そこからは広い尾根を高度100m降下し、そしてヤセ尾根雑木林を何度も折り返し高度300m降下する。中盤まで距離1200m区間を計400mも落ちて行くという。
2.以降は展望が開けてきて風に吹かれながら行くのは気持ちが良い。暫く行くとロッククライミング大絶壁の上部に着く。見下ろす景観にはめまいがする。またその下部には行者滝も見られる。
3.終盤は植林のトラバースをまた幾重にも折り下りゴールに至る。
te13
te15
te21
te24
te25

次回予定は12/15(土)と定めますが、上記2道+11/23探索済みTS道併せて3ルート走破プランの予定です。三道各々異なる道の個性があるようです。参加者には取材分ルート核心部Photoの保管サイトURLを伝えますので閲覧しイメージトレーニングしてください。2007山走りの大喜利に相応しい山でお会いしましょう。
PR

No.61|▲○Report & PlanComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :