忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

7/24:【桃源郷で舌つづみ】へのいざない

2009/07/24(Fri)00:05



7/18奥多摩山系に出向き帰り飯で寄りたかった食事処がありました。しかし当日は人数多く下山見込みも分からず断念。
実際に駆けた山の東側・武蔵五日市界隈は東京山系でMTB族が多く集う山麓の街。駅周辺はそこそこ名店もありますが、車・雑踏も多くどうも自然に親しんだ気持が覚めてしまいます。そこで駅周辺を少し離れた丘陵麓に人知れず粋な食事処が2つあります。しかし双方とも前日予約が必要であり、ふらっと立ち寄ることは出来ません。





一つ目は駅の北、私達が散々通った通矢尾根の麓にある蕎麦屋【雙柿庵:そうしあん】丘陵辺りにこじんまり在る店は一見古民家と見まごうほど。中は静寂で主人の器道具などの拘りを感じさせ、まるで文壇が足しげく通うような粋な趣があります。
蕎麦は荒い手挽き極細で品格を感じさせ通には堪えられません。以前立ち寄った時はおまかせコースで椀物・蕎麦・焼味噌・鴨ロースの献立でした。その他単品で煮穴子・出汁巻き玉子等が絶品。店内は撮影禁止なので頂き物を載せます。





雙柿庵(そうしあん):東京都西多摩郡日の出町大久野1487 TEL042-597-3802
◆予約制=通常蕎麦セット2000円/おまかせコース献立(3500円〜7000円)
◆営 業=11:30〜15:00/17:00〜21:00(水・木 休)





二つ目は武蔵五日市駅の南。歩いて15分位か道脇の黒看板を見逃すと到底分らぬ林間に入る店があります。旧来の養蚕大農家を改造した手織物作家・真木千秋さん経営の[真木テキスタイルスタジオ]の一角に【竹林カフェ】が在ります。竹林の緑の壁に隔てられて、俗世間とかけ離れた風情があります。この店も予約制ですが山中で本場インドカレーを現地シェフ調理で頂ける希有の銘店です。





ナンではない南インドの米クレープ「ドーサ」がメニューにあり、それに巻入れるおかずがチャトニ。竹林を眺めながら頂く旨みの濃い南インド風カレーは格別なお味です。しかし近き8月は専属インドシェフの里帰りで1ヶ月間閉店だそうでお気をつけください。





竹林カフェ:東京都あきる野市留原704 Tel:042-595-1534
◆予約制=日替ランチ1300円/ランチセット1600円
◆営 業=ランチ12:00-15:00(月・火 休)

山里に密かに佇む趣のある店構えは貴重な憩いの場。両店とも本格の味+自然の趣併せて廉価なグルメだとお勧めできます。山里の小さな食事処はネタ切れしては追い返され、16:00位には閉店する店が多いですが、この2店は予約さえすれば安心。トレイル探索より簡単ですからこの銘店を探してみて下さい。山を巡り快走後の泥汚れには注意でございますよ。

◆奥多摩グルメ情報⇒07.12.14:山活動立ち寄り【安・旨グルメガイド】

▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.226|▲○Report & PlanComment(4)Trackback(0)

Comment

MTB帰りというより

2009/07/24(Fri)08:24

たまには時間をとって、ゆっくりとこちらの店に寄らせてもらいたいものです。一献傾け、風情を楽しむ。これもまた大人の楽しみですな。

No.1|by ペックル|URLMailEdit

森の隠れ家

2009/07/25(Sat)15:14

こんな上質なグルメスポットがあるとは。MTBingとセットで行きたいところですが、お洒落な着替えを持っていかないとですね。

No.2|by casa|URLMailEdit

時間を忘れるひとときを。

2009/07/26(Sun)22:42

▲ペックルさんへ:
快適に駆け、自然に親しみ、優雅に食す。これぞゆとりの贅沢な休日です。けして時間に追われずマイペースでこれをこなせれば遊びの達人になれそうですな。

▲casaさんへ:
山で遊ばなくても新婚の奥さんとでも秋川渓谷で避暑しつつ寄る店としては粋な過ごし方ができるでしょう。ぜひ行かれて通人ぶってくだされ。

No.3|by mtrmasa|URLMailEdit

行きたい!

2009/07/28(Tue)02:01

連れて行って下さい!!

No.4|by opera|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :