忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

6/29:SONY対JVCアクションカム最終戦線

2012/06/29(Fri)20:51






昨6/26にUSA SONYオフィシャルBlogより新開発アクションカム(製品名未発表)のリリースを【FIRST LOOK: Sony’s new action camera】として公開されました。そしてJVCから防水・耐衝撃性能を備えたモデル【ADIXXION (アディクション)GC-XA1】を7月下旬に販売開始すると発表がありました。同カテゴリー既存モデルも数々あるなかグローバルな家電ブランドの参入によってアクションカム市場を賑わすことになりそうです。

▼SONY Action Cam





製品写真を見るかぎり双方ともビデオカムを圧縮したような小型スタイルで同カテゴリーの中でも洗練された好感あるスタイルです。SONYモデルは公開仕様も僅かなのですがFull HD1080p/Exmor R CMOSセンサー/超広角カールツァイステッサーレンズ/手ブレ補正などで、クリア防水ハウジングもあるようです。
またコンパクトながらステレオマイク装備のようで、手ブレ補正機能も備えた革新的製品なのです。同社はウェラブルカメラBloggie(ブロギー)製品も作っており、そのレンズ取付向きさえ変えればアクションカムが出来るはずと思っていたところ、期待以上のスペックで市場に現れそうです。


▲既存同カテゴリー製品群


そしてJVC ADIXXIONモデルはHP製品情報として【GC-XA1詳細仕様】が掲載されてます。Full HD1080p/1/2.5型CMOSセンサー/1.5型液晶モニター/手ブレ補正D.I.S/MEPG-4 AVC/H.264/74×53×35(mm)/104gと基本機能も充実し、無線LAN機能でスマートフォンで撮影時モニターできます。(要iOS/AndroidアプリWi-Videoインストール)本体からFacebookやYoutubeへ投稿も可能です。
こちらはオープン価格で実売想定価格3万円前後とされています。昨年10月にJVCはケンウッドと合併し、正規社名は(株)JVCケンウッドですが従来からの各取扱ブランド名は継続されています。SONY同様に元々JVCもビデオカム事業では技術力+シェア率も高い企業なので、アクションカム開発もお手の物だったのかも知れません。






双方モデルともこれだけの充実機能を備えており、我々仲間とも多く持つ既存定番モデルGoPro/Contour/DRIFT HDより品質・機能レベルを凌駕していくのでしょう。当方が使うDRIFT HDは遠隔操作リモコン付で決定的シーンを逃さぬ機能が有りますが、本体自体は小さくはないのです。SONY/JVCともに培われたブランド信頼性をベースに世界レベルで製品供給して行くでしょうから価格次第で既存競合を脅かしシェア獲得することは必至だと予測されます。


▼JVC ADIXXION GC-XA1





JVCモデルは国内でも7月下旬より販売開始されるようです。SONYモデルはプレスリリースによればアメリカ発売は2012年秋予定と伝えてます。両社気になる方々はSONYモデルリリース待ちといったところでしょうね。
これらニューカマー登場は革新的で既存製品ユーザーには大失望であり、また新規導入・買換え希望者にとっては大期待なウエポン襲来といった状況です。まさにこれから真の高品質ウェアラブルカメラ競争突入になり、活用ユーザーのより豊かなアクティブ活動に弾みをつけるアイテムになることでしょう。



▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.462|▲○Report & PlanComment(2)Trackback

Comment

きましたね~

2012/06/29(Fri)22:51

いや~、これですよ。手ぶれ補正!
それに、GoProみたいに、謎の内部チキチキ音もしないはずですし。

No.1|by まつお|URLMailEdit

いい道具の使い手と成れ

2012/07/02(Mon)00:30

▲まつおさんへ:
ともかくSONY印がつくだけでハイグレードを感じさせるものだね。
道具というものは使う人の知性を計るものさしであるから、
いかに使いこなすかで楽しみの次元が進化するのでしょうな。

No.2|by mtrmasa|URLMailEdit

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字