忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

11/16:我らの楽しいサポートカーだよ。

2007/11/16(Fri)01:56

東京モーターショーで2台のアウトドアユーズのスモールカーが参考展示されました。
DAIHATSU MUD MASTER-C

ダイハツからはアウトドアビークルMUD MASTER-Cを展示。写真を見ての通り、我らMTB乗りにはゴキゲンの軽サポートカーです。これはスーパーバイザーにXCレーサー・鈴木雷太氏を迎えて企画されたモデルだそうです。とぼけたマスクがとても愛らしく、長く乗って愛着の湧くようなデザインです。


ほらガァと開けて、ガツンと積載。ルーフも使えば6台位乗りそうです。


キャビンもシンプルでいい。無理矢理4人乗れるかもしれない。


日本の狭い林道もビュンビュン行きます。でも崖っぷちオーバーで転がっていきそう。


サイドバックから見るとまるでチョロQ。その固まり感のスタイルが、どことなく仲間のAKIBA君に似てるんだなぁ。そのマッチな雰囲気の彼に乗ってほしいピッタリの車だと思うのですよ。市販されればアウトドア派にきっと受けるクルマでしょうね。

SUZUKI X-HEAD

一方スズキはクロスユーティリティビークル「X-HEAD」を展示。こちらも荷台ユニットを変えることで、ミニバイク/キャンプ仕様などにアレンジができるそう。 これは軽ではなく1370cc小型クラスのモデルです。


サイドビューを見るとこれも縮まった感があり、まるでベンツの四駆トラック・ウニモグを彷佛とさせます。


コックピットはなかなかスパルタンですよ。


まるでラリーカーみたいです。林道揺れにバッチリ。


積載性の高いのハードなキャリー部にミニバイクを2台も搭載できます。サイドパネルを開けば、ツールも満載可能。荷台でメンテ作業をしてしまいそうです。

どちらも発売未定ですが、このファニーなデザインで街でも山でもこの2台が走ったらと、想像するだけでも愉快になるようなスモールカーです。ダイハツさんスズキさん市販化を頑張って頂きたいものです。
PR

No.57|▲○DiaryComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :