忍者ブログ

mtrblog

▲HOME MTB山紀行と私的散策記。

9/2:日本一巨大ユーズドマーケット見聞録

2010/09/02(Thu)00:05





先週末に大宮ステラタウンという大型モールに出向く。街乗り用リュックを探すなり。東急ハンズにある物は↑カラーリング激し過ぎ。ここにも山ガール購買目論みが見えた。工作フロアに立ち寄るとなぜ野球シューズがある?と思えば、こりゃ先端固い安全靴。↓それにしてはデザイン優秀で3,900円で買える。見知らぬ業界も洗練化されているのだな。





一旦外に出てサイクルパークを眺めていたら、リターンスロープ延長にさらにコンクリ躯体がデンとある。↑スカイダッシュ・カタパルトか?と思うなり、寄ればただ別体のトイレじゃないかぁ。見知らぬ業界も洗練化されているのだな。





そんな休憩をはさみ別館家具店に行くが、それは撤退しBOOK OFFスーパー・バザーに変わっていた。ここは本・CD扱いだけでなく、フル生活用品が系列日本最大1,400坪に膨大に陳列されているらしい。7月末にOPENしたてだが、いったい膨大な中古・新古商品をどうして集めたのかと驚く。連れ合いと分離し目的アイテム探し突撃。









商品は服飾が一番多いがキレイに分類ディスプレーされ、格安で四季分全部揃う。自転車はまだ無いがスポーツ用品も膨大。やはりアウトドアユース品は傷もあるのでキャンプセットなどは破格。アルミチェアが500円やシェラフが900円位である。カジュアルバッグ・リュックサックもまた膨大に有りそれぞれ一点物で選び困る。連れ合いも生活雑貨など選びまくりフラフラしていた。



彷徨ううちバッグ売場をあさり街乗り用の新古EAST BOY小型リュックを発見。それもセール30%OFFで560円。新品で6,000円位なので凄まじい買い得。当スーパー・バザーはまだ首都圏を主に展開する状況。庶民的宝探しのようで気楽だが、ひたすら歩いてよい運動になった。初めて行かれる方々はショックを受けること必至だと思われる。

【BOOK OFFスーパー・バザー:ステラタウン】

この日本一のユーズドマーケットで彷徨いくたばり、かつて小さな古本屋から急成長した当企業のパワフルさを感じた。まさにデフレ市場の権化とも言うべきだが、この根本は膨大な消費循環によるものと納得。国民総生産の内需率が8割もあるという日本市場の凄さの縮図を見たようであった。


▲新古EAST BOYリュック560円獲得なり。


▼MTBブログランキングの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
PR

No.341|▲○DiaryComment(0)Trackback(0)

8/9:暑中見舞い【銀河のごとし花火乱舞】映像

2010/08/09(Mon)00:00



8/7(土)板橋・戸田合同花火大会へ向かいペダルを踏み駆ける。雑踏は大の苦手だが花火見物だけは別。以前は遠隔から見ていたが、初めて会場メイン部接近で見物する。例年に増し2都市合同で11,000発を打ち上げる。開始ともに壮大爆音に周りの方々ともに歓喜する。その絶え間ない花火群を見つめれば、ビッグバン過程の銀河の如しと感じた。空の華は世の人々を励ますかのように乱舞した。弊Blogご贔屓方々に向けて、この美しき響宴映像にて暑中見舞い申し上げます。






【GALAXY-HD SIZE】暗部屋フルスクリーン閲覧で小宇宙の世界へどうぞ。
BGM:Widor - op.42_2-Allegro from 6th Symphoni in G minor 2



▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

No.334|▲○DiaryComment(3)Trackback(0)

7/29:我々の【山ボーイ+α】変身ウェア調達の巻

2010/07/29(Thu)00:00








昨週前に知人が関わる新宿神楽坂adidas ag社製の夏山ウェアを選び破格値+無償で譲って頂いた。異種競技アイテムも少しあり、トレッキングシューズは過酷な登り担ぎに良し。ストレッチ素材サーフパンツは縫製丈夫で山でも破れにくい。それらも工夫次第でトレイルで使えるもの。プロ見識ではロゴ入り目立つアイテムはもうクールでないようで、街着のようなチェック地が増えてるらしい。
家族・友人分ごっそり運び重かったが、これでお仲間共に「山ボーイ+α」に変身できる...ぞ、と妄想できた。既に渡した分もあるけども、依頼のお仲間分は今週末にお引き渡しするので。これら着て我らMTB族の印象が少しでも向上するようにと思いまする。あぁ自己満足が幸の元。精神若返りの術なり。







▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

No.331|▲○DiaryComment(3)Trackback(0)

7/15:夏突進【ヤマビコ隊・ECHOS】ムービー公開

2010/07/15(Thu)00:14







昨月半ば雨期に関わらず快晴奥多摩の陣。予報好転したのでハイカーは僅か。勇ましきDH-Jシリーズ参戦級ノボラーズ3名はスッ飛んで駆け、トライアラー含むアセラーズ3名も有頂天ではしゃぐ。ルート中盤は山系有数のヤマビコスポット。山間に叫べばそれは三連響くほど。後半DHルートでは難所にて各位ズッコケ曲芸を披露。遅刻し追ってきた2名クラッシュズも頑張り過ぎ。ヤマビコ隊全9名はまっしぐらで夏に突進するようだった。




⇒【HD 1280×720 size】




▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

No.327|▲○DiaryComment(5)Trackback(0)

4/1:理想のマウンテンSUVビークル発見

2010/04/01(Thu)11:00



年始に登場期待をしたプリウスワゴンは未だあてになる情報もなし。そこで中型SUVも導入候補なのでそのカテゴリーを昨ジュネーブショー出品車で探し見た。中でもダチア(東欧ルノーグループ)より自身のニーズに激マッチしたコンセプトモデルが発表されていた。このDacia Dusterは同グループである日産次期SUVデュアリス(欧州名キシュカイ)との共同開発ベースではないか?という可能性を以下サイトで示唆されていた。
⇒【WORLD CAR FANS:Dacia SUV to Resemble Nissan Qashqai】
当確予想ではないだろうが、デュアリスFMCまでのタイミングだけは辻褄が合うのである。最近さらに小型でデビューした奇怪な⇒【Nissan JUKE:ジューク】を見ても同社はスタイリング・チャレンジをしているので、ぜひとも実現せよと期待ともに仕様に見入るのだ。







その流麗で塊感を帯びたフォルムは存在感を誇示するもの。疑似2ドアに見える形状でサイドビューも引き締まる。SUVとしての走破性は不明だが、自身が驚いた特筆機能は右サイドから車内にMTBを横入れ出来ること。助手席はその際運転席後方に移動する。ドライバー真横に愛車MTBが鎮座する様はさぞ心地良かろう。(=横で妙な指図をする女性よりもGood...)男のロマンをくすぐる仕様だなと感心。機構説明はともかくトレイルシーンを織り交ぜたオフィシャル・ムービーを見て頂きたい。


【Dacia Duster Concept Car】



また発売確定のランドローバーLRXを見ても思うが、フリーランダーより小型車をリリースする向きにローバーでさえコンパクト提案すべき時代なのかと実感。他社モデルともに見渡せば、現況クルマ開発の時流はコンパクトベースにいかに優れたスペースユーティリティを与え、エコランさせていくかというテーマ具現化に邁進しているようだ。もはや大型SUVはインテリズムを感じさせない(=賢く見えない)ように思う。こんなモデルに乗り悪路をスマートに移動する我れさぞ快感なり。期待と空想は無料なり。





▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

No.298|▲○DiaryComment(2)Trackback(0)

3/29:【冬春のはざまの古寺巡礼】の巻

2010/03/29(Mon)00:52



3/28(日)桜の咲く頃にしては極寒い朝だった。雨予報で山行きを見送ったが、しばし駆けたしと福寿山・普光明寺という古寺へ往く。径路の畑には[氷の摩天楼]の如く霜柱が立ち驚く。桜花とは対象に冬・春の象徴を同時に見るのだ。寺境内を巡っては石碑脇に広がる杉苔に見入る。まさに名の通りミクロの[杉林樹海]を空撮するよう。そして寺裏の丘陵を駆け野趣のある景観に和む。しかし駆け回るには寒過ぎた。この寺巡りはただ新カメラのテストが目的。冷えぬ内に退散し現実の日常買物に向かうのだった。























▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

No.297|▲○DiaryComment(5)Trackback(0)

3/5:道案内する道具・記録する道具NEWS

2010/03/05(Fri)00:02


▲SONY:NV-U35

昨年頃からポータブルナビがヒットし多種リリースされている。ルート誘導以外にもTV・音楽・動画再生など多機能が詰め込まれ、さらに小型の自転車用・液晶3.5インチサイズのが3/13に登場する。⇒【SONY:NV-U35】
実勢価格3,7000円位とされるがロードユーズなら万能だろう。しかし先日量販店にて同シリーズを触り試したがトレイルは表示されず。1/25000地図に載らぬ巡視道・獣道も当然見えない。肝心のログ取りは出来ないようで自分達が使うには課題が残る。


▲従来定番製品=SONY CS1K:9,800円/Holux M241:8,000円〜

上記機種にましてGamin GPSなどは未だ30,000円クラスで高価であるから、行程記録に目的を絞りGPSロガーで充分だと思える。仲間にもロガー・ユーザーがおりその受領記録を重宝するものだ。PC上カシミール仮想測量では現地実測より3〜5%沿面距離が少なくなるのだ。また昨今の登山・トレランなどヘルスコンシャス志向の流行から小型化で多種登場している。しかしこれらも7,000~10,000円以上とけして廉価ではない。

▲各社小型機種
自分達のように過酷に扱うシーンでは紛失・破壊リスクも有る。なのでさらに廉価でコンパクトな機種を探してみた。クチコミ情報もあわせ情報収集するに、
⇒【CanMore社から GT-730FL-S】という機種が昨秋登場。サイズは8cm位でUSBメモリ的小型化。ケーブル不要のUSB接続で伝送・充電ができる。


▲CanMore GT-730FL-S
■サイズ:77×28×17mm/重量:15g/バッテリ持続:18時間/高感度:-160dBmd
■通信条件:工場出荷時38400bps(変更可能)
(※内部でUSB⇔RS232C変換チップPL2303使用)
■専用設定ツールで4800bpsへ変更可能。
■NMEA-0183 WGS-84 ■ログデータトレース+統計ソフトネットサポート



これは既ユーザー方の性能コメントも良く、最新だけあり捕捉感度・記録精度も従来定番機より優れているようだ。既存品は高度データに誤差が生じるものがある。
⇒【性能比較GT-730FL/S VS GPS-CS1K】 この技術進化は16GB・USBメモリと変わらぬ驚きプライスの3800円を実現させる。当方も下記店にて早速購入した。
⇒【CanMore GT-730FL-S:秋月電子通商】本機には日本語マニュアルはなくドライバ・ソフト設定など面倒なこともあるがどうにか設定できた。また追々実際の山岳にて稼動テストし性能リポート致したし。初めて探索した道を良きトレイル記録として残したい方にぜひお薦めいたしまする。


▲付属ログトレース+統計ソフト


▼応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

No.290|▲○DiaryComment(7)Trackback(0)